快適な睡眠・安眠のためには、「寝るための環境づくり」が大切!

快適な睡眠・安眠のためには、「寝るための環境づくり」が大切!

安眠・快眠方法

快眠・安眠には、「寝るための環境づくり」が大切!

皆さん冬から春へ気候が変わってきていますね。気候もよくなり寒さが緩和されれば眠る事に支障がなくなってきますよ。風呂上がりの布団の中の冷たさ、朝の寒さは、身にこたえます。さて、快眠になるにはどうしたらよいのでしょうか?
安らかに寝るためには、どうすればいいのか! 色々とご紹介させていただきます。

Sleepion

快眠とはいったいどんな睡眠でしょう

みなさん!ぐっすり寝られていますか?
快眠とはどんな睡眠でしょう!という、哲学講座ではありませんが考えてみませんか?
その日のストレスにより脳への交感関神経が活性化されてしまうと、快適な入眠は困難になるといいます。
最近では、パソコンやスマホ、家電から出るブルーライトも脳にストレスを与えて体内時計が狂ってしまう状態になります。

家での食事ではなく、付き合いも仕事!というサラリーマンが多くいます。
お酒は、へべれけになるまで毎日飲んで深夜~朝がたにご帰宅。
お酒を飲まなくても家族のためと残業は深夜まで、夕食は食べないか毎日外食ばかり。
外食といえば、塩分や糖分が多い、加工食品が多く体に余計な脂肪がはりつき体重が増加する、血中に脂肪が多く入り込み血圧の上昇が起こり脳梗塞や脳卒中、脳血栓が起こる。
こんな話を聞いただけでもストレスですよね!

快眠・安眠には、「寝るための環境づくり」が大切!

快眠のための環境づくり

日本は四季によって気温や湿度が変わるため、場合によっては睡眠が困難になることがありませんか?そんな時に寝るための準備として、明るさ(光)・騒音・布団・寝巻などをご紹介します。

冬、部屋が寒いと寝られませんよね。布団も冷たいとこれまた寝ようと思ったのに目が覚めます。寝室にエアコンがあれば部屋の温度を上げておくといいですよ。16度~19度が快適といわれています。快眠には、15度~20度が良いといわれています。湿度は、50~60%がよろしいそうです。

夏は25~28℃という説もあります。春などは、陽気が温かくなるので室温も上がり秋は、ゆっくり寒さが訪れます。26度以下の室温が寒く感じると時、無理に26度以下まで室温をさげることはりません。
エアコンの設定温度は26~28度の中で自分にあった温度をみつけましょう。

エアコンは各家庭にありますが、就寝中もエアコンをつけっぱなしだと身体の水分が摂られる、乾燥する、といった影響があります。特に冬など乾燥するため風邪などを引く可能性がでます。就寝前にコップ1杯の水を飲まれる事をお薦めします。

快眠・安眠には、「寝るための環境づくり」が大切!

改善しない場合は医師の診察を

医者に行くのはいや。薬を飲むのもいや。独自で調べて快眠・安眠をしたいと事はだれしもがすることです。ですが、もし不眠症なら医師の判断が必要となります。
なぜ眠れないのか? 必ず理由があります。眠れないからとお酒を飲めば眠れると思われがちですがこれは逆に目覚める作用となる事はお話しいたしました。
ご自身は、いつまで不眠を我慢できますか?眠れない理由は必ずあります。もうこれ以上無理と思われたら、医師のもとを訪れてはいかがですか?

快眠・安眠には、「寝るための環境づくり」が大切!

睡眠は生きていく上での大事な習慣です。眠れなければ、寝なければ良いという甘い考えはやめてください。グッズなどに頼らず睡眠環境をつくることにより快眠・安眠は可能です。試してみてください。

Sleepion

ページの先頭へ