天気が悪いと発生する頭痛は、ブレスレットと快眠で解消可能!

天気が悪いと発生する頭痛は、ブレスレットと快眠で解消可能!

天気痛・気象病

天気痛の症状が酔い止め薬で収まる?

天気が悪い日や、低気圧が近づいてきた時、頭痛やめまい、古傷の痛みなどを強く感じることがありませんか?

これは、自律神経の乱れによって引き起こされる「天気痛」という症状で、内耳(耳の奥にあるセンサー)が誤動作を起こすことが原因とされています。

わたしたちの平衡感覚は、目に映る景色だけでなく、内耳にあるリンパ液の流れと合わせて判断しています。

正常時は、リンパ液が動くことはないのですが、気圧が低下すると波が発生して、脳に

「体が傾いている」

という間違った情報を送ってしまうんです。

しかし、脳が目から得た情報では、カラダはまっすぐだと認識しするので混乱が発生し、自律神経の1つである交感神経を刺激します。

これによって、痛みを発生させる痛覚神経も刺激されてしまい、さまざまな不快症状が発生するのです。

最近は、テレビのニュースや健康番組で、この症状が頻繁に取り上げられていて、その対策も広く知られるようになりました。

代表的なのが、酔い止め薬の服用です。

内耳の誤動作は、乗り物酔いと同じメカニズムになっていますから、信号の伝達をストップさせる作用がある酔い止め薬を飲むと、症状が緩和されるというワケです。

しかし、薬にばかり頼っていると、効き目が弱くなる「耐性」が発生する可能性がありますし、副作用も起きますから、根本的な対策が望まれます。

即効性があって、副作用の心配が少ないツボ押し

そこで、みなさんにおススメしたいのは、天気痛によって引き起こされる症状を抑える効果がる“ツボ押し”です。

わたしたちの手首には、「内関」というツボがあるのですが、ここを刺激することで乱れた自律神経が整いやすくなり、つらい症状の緩和につながります。

内関の場所は、3本の指を手首の脈をとるように当てて、人差し指と腕の腱が交わる部分です。

少し力を入れて押すと、感触が変わるはずです。

天気が悪い日は、朝からここを押すようにしたり、痛みの発生に合わせて刺激したりすれば、からだへの負荷を最低限にできます。

ただし、この内関の位置は移動することがあるのがネックなんです。

また、仕事や育児が忙しい日は、こうしたケアをする暇もないでしょうし、そもそも、面倒ですよね?

そこでおススメしたいのが、天気痛の権威である、名古屋大学の佐藤教授が開発した「天気痛ブレス」です。

シリコン製のブレスレットに、内関を的確に刺激する突起がいくつも付いていて、腕に巻くだけで天気痛の予防につながるんです。

この素材は、医療の現場でも用いられている、安全性の高いゴムで、強い衝撃が加わっても変形しにくい特徴を持っています。

また、もっとも厚みがある部分でも、たった3.3ミリしかなく、重量は10グラムと超軽量ですから、常に腕に巻いていても違和感をおぼえることがありません。

天気が悪いと分かっている日は、朝から装着しておくと自律神経が整いやすくなるので、つらい症状に悩んでいる人に、ぜひとも、おすすめします。

価格は税込みで2,592円と、かなりリーズナブルですから、お試し感覚で購入できますよ!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

睡眠のリズムを整えればさらに効果アップ!

天気痛ブレスの使用と一緒に、天気痛の症状緩和のために実践したいのは、睡眠の質の見直しです。

睡眠は、日中の活動によってたまったカラダの疲れをとるだけでなく、高ぶった神経を鎮め、脳の回復をはかるための活動です。

ですから、睡眠時間が常に短かったり、眠りが浅い日が続いたりすると、心身の疲労は積み重なってゆき、自律神経のバランスがどんどん乱れてゆきます。

この状態で天気が悪くなると、交感神経の興奮度合いが高くなってしまいますから、天気痛の症状もひどくなってしまうのです。

朝起きたら、いつも頭痛や肩こりがする人は、とくに、要注意です。

まずは、下記に挙げるポイントを確認しながら1日の生活を振り返って、自律神経を乱す行動が多くないか、チェックしてみましょう!

当たり前のように行なっている毎日の習慣に、意外な落とし穴が見つかりますよ。

(1)起床後、太陽の光を浴びる

仕事や家事に追われていると、布団に入る時間が遅くなって、いつも寝不足の状態になりますすね。

そして、朝起きる時はいつもダルさを感じて、布団の中からなかなか出られない状態に・・・。

でも、どんなに睡眠時間が短くても、起きたらすぐにカーテンを全開にして、太陽の光を全身で浴びてください。

天気が悪いと発生する頭痛は、ブレスレットと快眠で解消可能!

これによって、体内時計リセットされますので、夕方過ぎから副交感神経が優位になり、交感神経のはたらきを抑えることができます。

昼間に眠気が強くなったら、15分を限度に昼寝をするようにしましょう!

休日の寝だめは、プラス1時間を目安に!

(2)休日も同じ時間に起きる

休みの日は、目覚まし時計を気にすることなく、昼まで寝ているという人が多いと思いますが、こうした習慣は夜の寝つきを悪くします。

睡眠不足は、「寝だめ」では解消できませんので、いつもより長く寝るとしても1時間までと覚えておいてください。

(3)寝酒を飲む

「お酒を飲むと、ぐっすり眠れる」

というのも、間違った常識です。

アルコールには脳を覚醒する作用がありますから、眠りが浅くなって、睡眠の質が低下します。

飲むなら夕食の時までとし、ほろ酔いになる程度の量に留めておきましょう。

(4)夜になっても明るい部屋にいる

朝日と同様、光は体内リズムの変動に大きな影響を与えます。

夜になっても、明るい照明の下で生活をしていると、交換神経が働き続けてしまいますので、夕方を過ぎたら努めて部屋を暗くしましょう。

間接照明を使って、体に光が直接当たらないようにすると、副交感神経のスイッチが入りやすくなりますよ。

(5)寝る直前まで、スマートフォンをいじっている

スマートフォンを使っていると、ブルーライトが脳を興奮させますし、情報を検索するという行為そのものも、副交感神経のはたらきを鈍くします。

布団に入る時は、スマートフォンをなるべくベッドから離れた場所に置いて、無意識のうちに操作することを避けましょう!

以上、5つの習慣を1つずつ改善してゆき、天気痛に負けない体質を作ってゆきましょう!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ