天気痛かもと思ったら!すぐにできる頭痛の緩和方法とおススメグッズ!

天気痛かもと思ったら!すぐにできる頭痛の緩和方法とおススメグッズ!

天気痛・気象病

病院では特定しにくい気象病の正体とは?

最近、テレビなどで特集されることが多くなった天気痛。

これは、気温の低下や雨などによって起こる「気象病」の症状で、めまいや吐き気、頭痛や歯痛などが該当します。

天候が悪くなるたびに、こうした不快症状が発生する方は、天気痛を発症していると疑ってみるべきです。

天気痛の対処法を知る前に、まずは、気象病のメカニズムを抑えておきましょう。

わたしたちの耳の中にある「内耳」という器官には、血しょうの一部であるリンパ液がたまっています。

ここに気圧の変化が加わると“揺れ”が発生し、脳はカラダが傾いていると判断するのです。

でも、目から得た視覚情報ではそのような状態になっていないので、脳は混乱を引き起こして自律神経(交感神経)を興奮させます。

さらに、痛覚を発生させる神経までもが刺激されるので、頭痛などの痛みが発生するというワケです。

ちなみに、吐き気やめまいといった症状は、カラダが傾いているという誤認識が引き起こしています。

乗り物酔いは、カラダが静止しているのに、動いている車に乗っていると前方向に運動エネルギーが発生しますから、脳の混乱で気持ちが悪くなります。

これと同じです。

天気痛かもと思ったら!すぐにできる頭痛の緩和方法とおススメグッズ!

気象病のメカニズムが解明されたのは、つい最近のことで、まだまだ研究途上にあるため、体調不良で病院に行っても病気と特定されにくいのがネックです。

しかし、気象病の名付け親である医師が、すばらしい商品を開発してくれました。

それが、「天気痛ブレス」というブレスレットです。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

副作用の心配が少ないツボ療法

わたしたちの手首には、「内関」というツボがあります。

ここを押すと、先ほど説明した、内耳の誤情報が脳に伝わることを防ぐことができ、自律神経が整いやすくなるんです。

試しに、手首に対して横向きに、人さし指、中指、薬指の3本を当てて、人差し指と腕の腱が重なる部分を、グッと押してみてください。

手ごたえを感じるハズです!

ただし、内関は位置が移動しやすく、指で刺激してもずれていることがあります。

天気痛かもと思ったら!すぐにできる頭痛の緩和方法とおススメグッズ!

これを解消してくれるのが、十数個もの突起が取り付けられたブレスレット「天気痛ブレス」です。

ツボを的確に捉えるために、突起の角度や大きさがち密に設計されているので、腕に巻いて上から押すだけで、気象病による天気痛の症状が和らぐんです。

付け心地もバツグンで、通気性が非常によいうえに、医療の現場でも使われているシリコン素材の使用で、安全性と耐久性もしっかり確保。

なにより安心なのが、このブレスレットを監修しているのが、気象病研究の第一人者でもある、愛知医科大学の佐藤純教授が監修していること。

医学的なエビデンスもしっかりあることから、天気痛ブレスの愛用者は急増中。

頭痛薬や酔い止め薬を服用すると、どうしても副作用の影響で、胃腸などの機能が低下してしまいますよね?

このブレスレットは副作用の心配も少ないですし、痛みだけでなく、気象病が引き起こすさまざまな不快症状の緩和に対応していますから、使わない手はないですよ!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ