雨が降るたびに発生する頭痛は気象病?カラダにやさしいケアグッズとは?

雨が降るたびに発生する頭痛は気象病?カラダにやさしいケアグッズとは?

天気痛・気象病

10人に1人は天気痛で苦しんでいる?

気温が急に低下したり、雨が降ってきたりすると、いつも決まって頭痛が発生する。

こんな症状に悩まされている方は、気象病による「天気痛」を発症しているかもしれません。

気象病とは、愛知医科大学の佐藤教授が名付けた病名で、いまから5年前(2012年)、気圧の変化と頭痛や吐き気、めまいなどとの因果関係を突き止めたのです。

そのメカニズムとは?

 雨が降るたびに発生する頭痛は気象病?カラダにやさしいケアグッズとは?

まず、気圧が低下すると、耳の奥にあるリンパに振動が発生します。

この揺れによって「カラダの傾きが発生した」と脳が認識するのですが、目から得た情報では、バランスは崩れていません。

こうした異なる2つの情報で脳が混乱して、今度は自律神経の1つである交感神経が興奮状態になるのです。

そして、血管の収縮が起こったり、痛みを発生させる神経が刺激されたりして、さまざまな不快症状が発生します。

ちなみに、昔、骨折した部位が痛むのも、気象病が引き起こす天気痛の症状だと考えられています。

また、先に説明したような脳の混乱は、乗り物酔いと同じような状態になることから、めまいや吐き気も起こるのです。

天気痛は健康番組などでも頻繁に取り上げられているので、病名の知名度は高まってきましたが、自分がこの病気にかかっていることに気付いていない方が、非常に多いのが実状なんです。

佐藤教授の話によれば、日本全体における患者数は1,000万に以上にのぼるとのこと。

10人に1人は、気象病にかかっている計算になりますから、決して他人事ではありませんね。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

佐藤教授が開発した天気痛ブレスとは?

天気痛の症状として一番多いのは、頭痛です。

日頃から頭痛を抱えている方は、天候の悪化でその痛みがさらに悪化しているのではないでしょうか?

この病気の怖いところは、痛みが慢性化して、頭痛薬が効きにくくなることです。

症状が進むと、布団から起き上がれなくなるぐらいの人もいますし、天候が悪くなるたびに気分が落ち込み、それがうつ病のきっかけになることも・・・。

 雨が降るたびに発生する頭痛は気象病?カラダにやさしいケアグッズとは?

ここまで症状がひどくなる前に、みなさんに試していただきたいのは、腕に巻くだけで気象病による天気痛を緩和してくれる「天気痛ブレス」です。

シリコン製のブレスレットに、十数個もの突起が取り付けられていて、腕にまくことで「内関」というツボが刺激されます。

これによって、リンパが発生させる脳の誤動作を抑えつつ、自律神経の乱れが整えられるので、痛みがかなり和らぎます。

内関は指で直接押して刺激することもできますが、その位置が数ミリ単位で動くのがネックなんです。

その点、天気痛ブレスの突起は、3D立体形状になっていますから、ツボを的確に捉えることができます。

なにより、このグッズの頼もしいところは、天気痛の発見者である佐藤教授が監修しているところ!

他の健康グッズより信頼性が高いですし、頭痛薬のように副作用の発生も少ないですから、安心感が大きいですよ。

実際に利用している人の声を聞いてみると、使い心地はバツグンで、仕事中でもジャマにならないと大評判。

天気痛対策としてはもちろんのこと、予防にもつながるこの天気痛ブレスレットを、みなさんも試してみませんか?

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ