寒くなるといびきが増える?これからの季節に使いたい枕と快眠グッズ3つ

寒くなるといびきが増える?これからの季節に使いたい枕と快眠グッズ3つ

睡眠・不眠対策グッズ

秋から冬にかけて多くなる睡眠障害

気温が下がって冬が近づいてくると、わたしたち眠気を感じることが多くなりますね。

人によっては、いくら寝ても寝足りないぐらい、とにかく1日中眠いと感じることも。

これは、日照時間の減少によって引き起こされる「冬季うつ病」の症状の1つです。

また、寝室が寒くなるこの季節は、いびきをかく人が増えるのも特徴。

原因は、鼻詰まりが発生しやすいこと。

鼻が詰まると呼吸がしにくくなってしまうので、口から空気を取り入れるようになります。

しかし、口呼吸が続くと、上あごや舌が下がって気道をふさいでしまいますから、ここを空気が通過する時に振動音が発生します。

これが、いびきのメカニズムです。

寒くなるといびきが増える?これからの季節に使いたい枕と快眠グッズ4つ

こうしたカラダの変化は、睡眠を浅くして睡眠障害を引き起こしますし、日中も眠気によって集中力の低下が著しくなることも。

そこで今回は、冬季うつやいびきの対策に使える、快眠グッズや枕を紹介してゆきます。

症状が悪化して病気に発展する前に、みなさんの生活に取り入れて快適な睡眠に役立ててくださいね!

寒くなるといびきが増える?これからの季節に使いたい枕と快眠グッズ4つ

(鼻腔拡張ストレッチャー)

鼻づまりによるいびきを防ぐなら、この「鼻腔拡張ストレッチャー」がおススメ。

鼻の内側を広げて通気性を確保するため、一般的な拡張テープに比べると空気の通りが1.5倍になるんです。

本体は水洗い可能なので、常にキレイな状態で使えますし、使い始めの違和感はすぐになくなる方がほとんどですから、安心して使えますよ。

鼻腔拡張ストレッチャー

(スージーマウステープ)

こちらは、寝る前に口に貼って、睡眠中の口呼吸を防ぐテープ。

薄さわずか0.2ミリの不織布と、はがれにくいテープが使われていて、唇に当たる箇所には粘着剤を使わず、安全性をしっかり確保。

雑菌が侵入しやすくなるうえに、いびきを発生させる口呼吸をストップし、快適な鼻呼吸ができるようにサポートしてくれますよ。

スージーマウステープ

(AS快眠枕)

独自の3D形状を採用して、いびきの原因となる「気道のふさがり」を防止してくれる「AS快眠枕」。

仰向け、うつぶせ、横向きなど、どんな寝姿勢でもしっかりサポートしますし、後頭部と枕の間に空間できるので、ここから汗による湿気をしっかり放出します。

これにより、蒸れの不快感で目が覚めることも少なくなりますから、朝までグッスリ眠れるようになりますよ。

寝ている間のカラダの動きは、自分でコントロールできませんから、今回紹介したグッズを利用して、質の高い睡眠を手に入れてくださいね!

AS快眠枕

ページの先頭へ