【医師が推奨!】天気痛の予防につながる“ブレスレット”のパワーとは?

【医師が推奨!】天気痛の予防につながる“ブレスレット”のパワーとは?

天気痛・気象病

生あくびは天気痛発生のサイン?

今年は夏に記録的な涼しさを記録したかと思うと、10月に入ってから真夏日になった翌日に気温が10度以上低下する地域が続出。

さらに、東日本では最高気温が上がらず、10月なのに真冬並みの寒さになったり、梅雨のように毎日雨が降ったりと、アップダウンの激しい気候になっています。

こんな天気が続くと、カラダのだるさが継続し、頭痛やめまい、古傷の痛みや持病の悪化などが発生しやすくなるのです。

これが、「気象病」による天気痛です。

では、そのメカニズムはどうなっているのでしょう?

人間は目から得た情報と、耳の奥にあるリンパ液の流れでカラダのバランスを保っているのですが、天候悪化に伴う低気圧の接近により、リンパに動きが生じます。

これによって、耳は「カラダが傾いている」と間違った判断をして脳を混乱させ、交感神経の活動を活性化。

交感神経は血管を収縮させるため、カラダは血行不良の状態となるうえに、痛みを引き起こす痛覚神経も刺激するため、頭痛などが発生するのです。

このように、天気痛の症状は自律神経が深く関わっています。

最近は、生活習慣の乱れなどによって自律神経が乱れている方が増えているため、この病気を発症していることに気が付いていない方も見受けられます。

・朝起きた時にだるさを感じて、布団からなかなか出られない。

・生あくびばかりでる。

こんな症状が増えてきたら、気象病による天気痛のサインかもしれません。

体調が悪化する前に、予防する方法を抑えておきましょう!

【医師が推奨!】天気痛の予防につながる“ブレスレット”のパワーとは?

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

薬を使って天気痛を予防するには?

「自分も、天気痛なのかな?」

と思ったら、まずは具合が悪くなった日の温度や湿度、症状などをメモしてみましょう。

さらに、痛みの強さや特徴、時間も記しておけば、薬を飲むタイミングが分かるようになります。

天気痛による頭痛などが発生してから薬の服用で対処すると、症状が収まった後も痛みを感じやすい状態になり、慢性疾患につながりやすいのです。

ですから、症状が出る少し前の時点で薬を飲むようにすることが、天気痛の予防に効果的と言えます。

また、手首には天気痛を緩和させるツボがありますので、天気予報を見てこれから低気圧が接近したり、雨が降ってきたりすると分かったら、こまめに押すことで天気痛の予防につながります。

【医師が推奨!】天気痛の予防につながる“ブレスレット”のパワーとは?

このツボ療法を実践するのに便利なのが、天気痛研究の第一人者である、愛知医科大学の佐藤純教授が監修した「天気痛ブレス」です。

透明のシリコンに。十数個の突起が付けられたこのブレスレット。

腕に巻いて上から指で軽く押すと、自律神経の乱れが鎮まり、リンパの誤情報の伝達をストップすることができます。

また、突起部分の設計には有名な針灸師も関わっており、ツボを押す最適な角度や圧力なども考慮。

動きやすいツボを的確に捉えて、心身のリフレッシュをサポートしてくれるのです。

本体は、重さ10gほどのシリコン製で、医療の現場でも使われている安全性の高い素材を使用。

また、水洗いOKですから、いつでも衛生状態を保てます。

控えめなデザインでファッションのジャマをすることもありませんので、自宅でも会社でも、見た目を気にせず使えるのもうれしいポイントですよ!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ