靴下を履いて寝ると快適な睡眠につながる?効果的な冷え性対策は?

靴下を履いて寝ると快適な睡眠につながる?効果的な冷え性対策は?

睡眠の悩み

冷え性が深刻な睡眠不足を招く理由

「人は眠りにつくとき、体の深部温度を下げるために、手足から熱を放出している」という体のはたらきは、このコラムの各所で何度もお伝えしてきましたが、冷え性の人は少し状態が異なっています。

多くの女性を悩ますこの症状は、熱をつくり出す筋力が不足していることや、血のめぐりが悪いことで発生します。特に、手足の先は血管が細く、血行不良の状態が他の部位より深刻なため、布団に入ってもなかなか改善しなません。

体が深部温度を下げようとしても、温度が低いままの手足からは熱が放出されないので、寝つきが悪くなって、さまざまな睡眠障害を引き起こすのです。

ちなみに、冷え性と同じような悩みに、「低体温症」がありますが、これは深部体温が低い状態が続く症状のことなので、まったくの別物です。

冷え性対策グッズは、いろんな種類のものが販売されていますし、体をポカポカにしてくれる食べ物や飲み物なども広く知られていますから、体質改善の努力を続けている方が多いと思いますが、要因が複合的に重なっているケースが多いので、なかなか治らないのが実状です。

冷え性が原因で寝つきが悪くなると、夜中に寒気を感じて目が覚めてしまうことがありますし、自律神経が乱れて、心身をリラックスさせる副交感神経がはたらきにくくなって、体の疲れが抜けなくなりますから、深刻な睡眠障害につながることもあります。

そこで、この症状に悩む方に試してほしいのが、寝る時に靴下を履いて寝る習慣です。

寝る時に靴下を履くのは、快眠につながる?効果的な冷え性対策は?

ビラベック・羊毛掛け布団

全身浴と半身浴を組み合わせた入浴を!

靴下を履いて寝ると血管が圧迫されるので、快眠の妨げになると思っている人もいると思います。

確かに、日中に履いているような圧迫感のあるような靴下でしたら、毛細血管が締め付けられてしまうので、体に負担がかかります。

しかし、ゆるゆるのタイプで通気性がいい素材だったら、足先までしっかり温めつつ、熱放出もできますから、快眠の妨げにはならないのです。

こうした習慣に加えて、入浴方法などを工夫すれば、冷えの症状が次第に軽くなってゆくことが期待できます。

寝る時に靴下を履くのは、快眠につながる?効果的な冷え性対策は?

たとえば、38~40度ぐらいのお湯に、みぞおちのあたりまで浸かる半身浴。体の芯まで温まる上に、手足の血行が良くなりますから、お風呂から出る頃は、全身がポカポカになっていますが、首を冷やすことになります。

ですから、冷え性の人は、最初に首までお湯に5分ぐらい浸かって全身を十分に温めた後、お湯の量を減らして10分程度の半身浴をしましょう。こうすれば、副交感神経がはたらきやすくなりますし、深部体温が下がりやすくなるのです。

お風呂から出た直後、手足の急激な温度低下を防ぐために、靴下を履くのも重要なポイントです。

そして、体の芯が冷えた頃に布団に入りましょう。入浴後2~3時間後が一番眠りやすい体温になりますから、この点もお忘れなく。

ただし、寝る時に靴下を履くというのは、冷え性ではない人は避けるべき習慣なので、ご注意ください!

締め付けが緩い靴下を選んでも、熱の発散の妨げになって、寝つきが悪くなりますからね。

ビラベック・羊毛掛け布団

ページの先頭へ