いびきが続くと口臭が強くなる!?テープを貼るだけで対策可能?

いびきが続くと口臭が強くなる!?テープを貼るだけで対策可能?

睡眠の悩み

生活の質を確実に低下させるいびき

のどの奥にある気道がせまくなった状態で、空気が通過すると、周辺の組織が振動して音が出ます。

これが、いびきのメカニズムです。

いびきを継続的にかいていると、カラダに取り込まれる空気の量がどんどん減少するため、酸素不足の状態になって心臓の負担が大きくなります。

また、いびきをかいている間は睡眠が浅くなりますから、心身の疲労回復が進まず、朝起きた時に不快感を覚えたり、昼間に強烈な眠気が発生したりすることも。

いびきが続くと口臭が強くなる!?テープを貼るだけで対策可能?

さらに恐ろしいのは、いびきが重症化して睡眠時に呼吸が止まる、「睡眠時無呼吸症候群」を引き起こす可能性が高まることです。

この症状を発症すると気道がふさがり、体内に酸素が供給されない状態になります。

その苦しさで、寝ている間に何度も目が覚めるので、睡眠が浅くなりますし、血中の二酸化炭素が増えることで脳の血管が拡張し、頭痛を引き起こすのです。

睡眠時無呼吸症候群にかかると、日中の集中力著しく低下して、事故を発生させるケースが増えますから、下記のような症状が続く場合は、すぐに専門医の診察を受けることをおススメします。

(睡眠時無呼吸症候群のチェックポイント)

・起床時、常に頭痛がする

・夜中に何回も目が覚めて、息苦しい感じがする

・昼間の集中力や記憶力が継続せず、眠気を強く感じる

・息切れが発生することが多い

1つでも当てはまる項目があったら、要注意です!

スージーマウステープ

まずは口呼吸を対策して、自然な鼻呼吸へ!

ところでみなさんは、呼吸をする時に口を開けるクセがありませんか?

呼吸は鼻から空気を取り入れて行ないますが、無意識のうちに口を使っていることが多いんです。

これにより、雑菌が体内に侵入しやすくなるので、感染症にかかって免疫力が低下。

さらに、空気が咽頭の乾燥を招いて扁桃腺が炎症を起こし、繁殖する雑菌が腐敗臭を出すので、強烈な口臭につながるのです。

いびきが続くと口臭が強くなる!?テープを貼るだけで対策可能?

起きている時から口呼吸をしていると、就寝中も同じ呼吸になり、これがいびきにつながります。

起床時にのどの渇きや痛みを感じる、口内炎ができやすいという方は、口呼吸がクセになっている可能性がありますから、今すぐ対策を進めましょう。

おススメは、就寝前に口に貼るだけで、自然な鼻呼吸に導いてくれる「スージーマウステープ」。

不織布を使ったテープなので通気性が非常によく、貼り心地に違和感がないのが大きな特徴です。

また、唇に当たる部分には粘着剤を使っていませんから、かぶれる心配が少ないですし、はがれにくい形状を採用したことで、他社製品にありがちな

「朝起きた時には、はがれていた」

ということも起こりにくいんです。

テープはたっぷり1か月分入っていて、880円(セール価格)というお手軽な値段なのも魅力。

携帯用のケースも付属しますから、衛生状態を保って持ち歩けます。

出張が多いビジネスマンにとっては、必須アイテムになりますね。

1日約30円で、快適な睡眠と健康なカラダが手に入り、口臭予防にもつながるんですから、これは試さない手はないですよ!

スージーマウステープ

ページの先頭へ