快適な睡眠と肥満の密接な関係!就寝前の食事が太る理由とは?

快適な睡眠と肥満の密接な関係!就寝前の食事が太る理由とは?

睡眠の豆知識

食事は遅くても寝る3時間前に済ます

「寝る前に食べると太る」

誰もが知っている生活習慣、そのメカニズムをご存知ですか?

そして、睡眠の妨げになるということも。

まずは、肥満との関係から解説しますので、この機会にしっかり覚えて自分の生活を見直すきっかけにしましょう。

布団に入って寝ようという時、胃腸は空になっている必要があります。なぜなら睡眠中は臓器の動きを停止させて、体の疲れをとる必要があるからです。

これは食べ物だけでなく、胃腸の動きを活性化させる一部の飲み物(炭酸水、牛乳)にも当てはまること。

ですから、夕食は寝る3時間前以上に摂ることが、快眠の鉄則なのです。

これによって、臓器も睡眠モードに入って寝つきがよくなり、深い睡眠で朝までグッスリ眠れます。

快眠と肥満の密接な関係!寝る前の食事が太る理由とは?

また、夜の10時を過ぎると、「BMAL1」というというたんぱく質の分泌が、体内で活性化します。

BMAL1は、体内リズムを整える働きがあるのですが、分泌量が多くなると脂肪を溜めこむという性質も持っています。2時から4時の間が、この物質の分泌量が最大になりますから、遅い時間に食べたものが脂肪になりやすく、肥満になるというワケなんですね。

快眠アロマスプレー【極】

深部体温が食事で上がる?

人間の深部体温(皮膚ではなく、体の芯の温度)は、寝る前に低下します。これによって、体は休息モードに入って、深い睡眠に誘われます。

ところが、臓器が活動しているとこの温度が下がらないので、必然的に寝付きにくいという症状が出てくるのです。

これが、遅い時間の食事が不眠につながるこの最大の理由です。

朝起きた時、「あまり眠った気がしない」と感じている、胃腸の不快感が継続的に発生しているというような方は、夕食の時間を少しずつ早めにとることを心がけましょう。

仕事や育児で忙しいと、なかなか早い時間に夕食を済ますのは難しいことだと思いますので、おやつの時間帯に少量の食事を摂り、夕食では量を減らすというのも1つの手です。

消化の良い食べ物を選ぶようにすれば、快眠につながることでしょう。

どうしても空腹がガマンできない、そんな時は?

空腹感が強いと、眠れなくてストレスがたまってしまいます。

寝つけないほどにお腹が空いている場合は、100ミリリットルぐらいの冷水を飲んでみて下さい。

快眠と肥満の密接な関係!寝る前の食事が太る理由とは?

人間の脳は、空腹状態の時に冷水の刺激を感じると、満腹状態になったと勘違いし、食欲を抑える作用がはたらきます。

ただし、毎日寝る前に冷水を飲むと、体が冷えて深部体温が下がらない体質になってしまいますから、緊急時の睡眠対策として覚えておいてください。

また、カフェインは睡眠の妨げになりますから、コーヒーや紅茶、緑茶などは避けてくださいね。

ホットミルクは眠りにつけるといいますが、これは大きな間違いです。

牛乳は、水やお湯と違って、胃腸のはたらきを活発にする作用がありますから、不眠につながる可能性があります。

リラックスするために飲むドリンクとしては、胃に負担かける作用がなく、カフェインも入っていないハーブティーがおススメです。

ハーブの匂いで癒されるだけでなく、脳が睡眠モードに入る合図にもなりますよ。

快眠アロマスプレー【極】

ページの先頭へ