気象病による天気痛を悪化!改善したい習慣とおススメのツボ押し法

気象病による天気痛を悪化!改善したい習慣とおススメのツボ押し法

天気痛・気象病

めまいや頭痛を引き起こすのは、交感神経の乱れです

天候が悪化するたびに発生する、頭痛や吐き気、めまいといったツライ症状。

病院に行っても原因が特定されず、「不定愁訴」と扱われることが多いですね。

しかし、名古屋大学の佐藤教授により、こうした症状は気象病が引き起こす天気痛だということが分かりました。

気圧が低下すると、体のバランスを判断する「内耳」という器官にあるリンパ液が反応し、脳に間違った情報(体が傾いている)を届けます。

実際には、体はまっすぐの状態をキープしていますから、脳は2つの異なった情報によって混乱し、交感神経を活性化させるのです。

さらに交感神経は、痛みを発生させる神経を刺激するので、カラダの各所に痛みが発生するというワケなんです。

最近は、気象病のメカニズムが解明されたことが広く知られるようになったこともあって、頭痛薬や酔い止め薬で対処する人が増えました。

しかし、薬はあくまでも対処療法ですから、根本的な解決にはつながりませんし、何よりも、カラダへの負担が大きくなります。

そこで、みなさんにおススメしたいのが、腕にある「内関」というツボを押す方法。

指で押しても効果的ですが、「天気痛ブレス」という商品を利用すれば、ブレスレットに取り付けられた突起がこの内関を心地よく刺激し、気象病の症状を和らげてくれるんです。

ブレスレットは非常に軽量で、長時間装着していてもジャマになることはありません。

また、シンプルなデザインを採用していますから、オフィスでも自宅でも利用可能です。

1時間に数回のペースで突起部分を押すと、さらに症状緩和が期待できるため、体調管理がしやすくなり、毎日快適に生活できると大評判なんですよ。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

天気痛ブレスの装着と一緒に改善したい生活習慣

気象病が引き起こす天気痛は、天気痛ブレスを常用するとともに、生活習慣の改善を行なうと、さらに効果が高まることが期待できます。

重要なのは、

「交感神経を過度に刺激しない」

ということです。

気象病による天気痛を悪化!改善したい習慣とおススメのツボ押し法

日常生活における注意点を3つ、ここで確認しておきましょう。

(1)休日に寝だめをしない

平日は、家事や仕事に追われて睡眠不足が続いているので、休みの日は昼まで寝てしまう人が多いですよね。

でも、起床時間が狂ってしまうと、ホルモンの分泌が乱れてしまい、夜に収まる交感神経が活性化しやすくなるのです。

たっぷり寝た休日の夜、なかなか寝付けなくなるのは、このためです。

睡眠は“寝だめ”ができませんから、なるべく平日と同じ時間に起きるようにしてください。

(2)寝酒は、百害あって一利なし?

グッスリ眠るために、寝酒を飲む習慣がある方は、今日からやめましょう!

アルコールは脳を興奮状態にしますから、眠りが非常に浅くなって、心身の疲労が抜けなくなります。

そして、交感神経が過敏になりますから、天気痛の症状が悪化しやすくなるのです。

リラックスのためにお酒を飲むんでしたら、夜の6時まで、というのが目安ですよ!

気象病による天気痛を悪化!改善したい習慣とおススメのツボ押し法

(3)寝る前にスマートフォンを操作している

ブルーライトが交感神経を刺激するのは有名ですが、実は、ネットで情報検索する、SNSをチェックするといった行為も、脳が活発にはたらかせてしまうのです。

その結果、寝酒と同じように睡眠が浅くなるのです。

スマートフォンが手元にあると、なんとなく手に取っていじってしまいますから、布団から離れた場所に置くのがベストです。

こうした習慣を改めてゆくと、気象病の症状が減ってゆくだけでなく、眠りの質も高くなるという、うれしい効果も期待できます。

さっそく今日から、実践してみましょう。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ