【快適な睡眠トリビア】知っておきたい睡眠薬の怖さと、心療内科の安心感

【快適な睡眠トリビア】知っておきたい睡眠薬の怖さと、心療内科の安心感

睡眠の悩み

副作用が多い睡眠薬

睡眠障害が深刻化して日常生活に影響が出る日が続くと、生活習慣を改善しただけでは症状が治まらないことがあります。

心身が休まらないと、さまざまな病気につながりますから、心療内科などに行って睡眠薬を処方してもらおうと考える一方で、副作用が怖いから二の足を踏んでいる人もいることでしょう。

そこで今回は、「睡眠薬の基礎知識」についてご説明します。

薬の特徴や使用上の注意点を事前に知っておくことは、今、睡眠の悩みを抱えていない人にとっても大切なことですよ。

睡眠薬と一口で言っても、その種類はさまざま。

飲んだらすぐに眠くなるものから、熟睡のために効き目が長時間続くものなどがありますが、作用する時間によって4つのタイプに分けられます。

【快眠トリビア】知っておきたい睡眠薬の怖さと、心療内科の安心感

1.超短時間作用型

入眠のために使われる薬で、効果は3~4時間ぐらいしか続きません。熟睡できている人には、このタイプの薬だけが処方されるケースが多いです。

2.短時間作用型

1の薬より2時間ぐらい作用時間が長いです。こちらも、寝つきが悪くて快眠の妨げになっている、という人に処方されます。

快眠アロマスプレー【極】

超短時間作用型の薬は、記憶障害を引き起こすことも

3.長時間作用型

9~10時間ぐらい効果が続きますので、深い睡眠が得られず、中途覚醒や早朝覚醒する人向けです。

4.中間作用型

短時間作用型と長時間作用型の中間的な薬で、作用時間は7~8時間です。

【快眠トリビア】知っておきたい睡眠薬の怖さと、心療内科の安心感

心療内科や精神科では、患者さんの症状や体質、現在飲んでいる薬との相性を考えて、最適な薬を処方します。入眠だけでなく、中途覚醒の症状も続いている方には、短時間作用型と中間作用型、両方を処方することもあります。

副作用は頭痛、めまいといった軽い症状から、記憶障害などの重い症状まで、多岐にわたります。

こんな話を聞くと、

「ますます、医者に行きたくないと思った!」

という声が聞こえてきそうですが、大丈夫、安心してください。

自己判断で薬をやめてはダメ

睡眠の専門家である心療内科や精神科の医師は、薬のリスクは熟知していますので、最初は作用が軽いものから処方して、診察の時に薬を飲んだ後の状態を詳しくチェックします。

副作用の状態に合わせて、薬を軽めのものにしたり、別の薬に変更したりしますので、心配は無用です。

それよりも怖いのは、自分の判断で薬をやめてしまうことです。

他の薬とは違って、睡眠薬は症状が改善したらすぐに飲むのをやめるのではなく、徐々に量を減らしてゆくものなのです。そうしないと、新たな体調不良を引き起こしますし、睡眠障害が再発することもあります。

医師の指示に従って薬を飲み、症状をきちんと伝えていれば、早期の睡眠対策につながり、快眠生活が取り戻せますよ。

薬局で販売されている睡眠薬(睡眠導入剤)を利用するというのも1つの手ですが、相性のいいドクターを見つけると、大きな心の支えになりますから、不眠が続いたら思い切ってクリニックや病院に行くことをおススメします。

快眠アロマスプレー【極】

ページの先頭へ