快適な睡眠に耳栓が有効!?生活習慣の改善ポイントは?

快適な睡眠に耳栓が有効!?生活習慣の改善ポイントは?

睡眠・不眠対策グッズ

周りの音が気になって寝付けない人におススメ

「寝る時に、外や隣の部屋の音が聞こえてきて、それが気になって眠れない・・・。」

こんなお悩みを抱えている方は、すぐに快眠対策が必要です。

わたしたちのカラダは、寝る時に心身をリラックスさせるために、副交感神経が優位になります。

これは、日中の動きを活動的にする交感神経にブレーキをかけ、体と脳を休息させるためです。

ところが、周りの音が気になると脳が興奮状態になり、交感神経が優位になって寝付けなくなります。

さらに問題なのは、寝ている間も音の刺激を受けて、睡眠が浅くなってしまうということ。

人間の睡眠は、浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠を繰り返しています。

レム睡眠のときは、カラダは眠っている一方で、脳は活動していますから、外部から刺激が加わると目を覚ましやすくなるんです。

この刺激が、不快に感じる音だったら、一度起きた時にストレスを溜めこんで、再び寝ることに・・・。

これによって、レム睡眠の後に発生するノンレム睡眠が浅くなり、脳をしっかり休ませる深い眠りが得られなくなります。

脳の休息がとれない日が続くと、昼間に集中力が著しく低下しますし、強い眠気に襲われて仕事や家事が手につかなくなりますね。

また、気になる音をガマンし続けると、今まで気になっていなかった些細な物音まで気になって、体の緊張状態が続くことも。

ですから、睡眠に影響が出るほど音が気になるようになったら、深い眠りと日中のパフォーマンス向上のためと考え、対策を講じるようにしましょう。

真っ先に試していただきたいのが、耳栓です。

快適な睡眠に耳栓が有効!?生活習慣の改善ポイントは?

コンビニやドラッグストアで安価に手に入りますし、思った以上に防音効果があります。

しかも、値段が安いので、継続して使うのにも重宝しますし、持ち歩き便利なのもうれしいポイントです。

スージーイヤーグミ

睡眠中に耳栓を使う時の注意点は?

ただし、寝る前に耳栓を装着することにも、デメリットはあります。

たとえば、火事や地震といったトラブルが起きても、耳栓をしていたら気が付きにくいので、対応が遅れてしまうことが考えられます。

また、耳栓を使うことで音は気にならなくなったものの、静かな環境じゃないと眠れなくなってしまうといった、負の反応が起こることも。

こうしたトラブルを避けるためにも、ストレスに強くなる生活習慣の改善を意欲的に行ないましょう。

とくに効果的なのは、太陽の光を朝からしっかり浴びること。

快適な睡眠に耳栓が有効!?生活習慣の改善ポイントは?

日光には、眠気を発生させる睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌をストップし、心身をリラックスさせる「セロトニン」を増やす作用があります。

ちなみに、メラトニンは日光を浴びてから15時間後ぐらいに再分泌が始まるので、いつも決まった時間に眠くなるのです。

こうした体内リズムをキープすれば、ストレスを発散しやすくなるので、

「音が気にならなくなる」

とまではいきませんが、気になるレベルが下がるということは期待できます。

また、毎日適度な運動をすることも、ストレスに強い体質づくりに欠かせませんので、朝起きたら日光浴をしながら散歩する、というのもおススメです。

まずは、深い睡眠をとることが優先ですから、さっそく耳栓を購入して使ってみましょう!

スージーイヤーグミ

ページの先頭へ