遮音効果だけじゃない!気象病対策に耳栓を使う人が増えている理由

遮音効果だけじゃない!気象病対策に耳栓を使う人が増えている理由

天気痛・気象病

酔い止め薬より安全性が高い!

低気圧が近づいてくるたびに、頭痛やめまい、古傷の痛みに苦しむ人が増えています。

病院に行っても原因不明と診断されて、やむを得ず薬を飲んで耐えている人が多いことでしょう。

天候の悪化がもたらす、このようなつらい症状は、「気象病」という病気です。

医師が適切な診断・治療をできないというのも、もっともで、この病気のメカニズムが解明されたのは、つい最近のこと。

しかも、気象病の専門外来(天気痛外来)は、日本に数えるほどしかないので、医療機関で治療が受けられる人は、ごくわずかというのが実状なんです。

そもそも、どうして天候の悪化で体調不良が引き起こされるのでしょうか?

その秘密は、耳の奥にありました。

わたしたちは体のバランスを、「内耳」という器官で判断します。

この内耳が気圧の低下を感知すると、脳が混乱を引き起こす間違った情報を送り、痛みの原因となる「交感神経の活性化」につながります。

気象病による天気痛には、酔い止めの薬が効果的と言われている理由は、こうした内耳の誤動作が同じメカニズムで起こるからです。

遮音効果だけじゃない!気象病対策に耳栓を使う人が増えている理由

酔い止めの薬を飲めば、内耳から脳への信号をブロックできますから、不快症状は軽減できます。

しかし、薬は必ず副作用が発生するのがネックですね。

代表的な症状としては、皮膚のかゆみや赤みの発生、頭痛、排尿障害など。

たまに飲むならまだしも、天気が悪くなるたびに利用していたのでは、体への負担が大きくなってしまいます。

そこで、みなさんにおススメしたいのが、「耳栓」を使った天気痛対策。

体に副作用を発生させることなく、安心して使えるグッズです。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

気象病対策に最適な耳栓を選ぶポイントとは?

耳栓には、さまざまな種類の商品が販売されていますが、中でも人気なのは、収縮性に優れたスポンジタイプ。

指で一度潰して空気を抜き、その状態で耳に挿すと形状が元に戻り、耳の穴をしっかり塞いでくれます。

これによって、気圧の変化を内耳が感知できなくなるので、天気が悪くなっても気象病による
不快な天気痛を緩和できるのです。

遮音効果だけじゃない!気象病対策に耳栓を使う人が増えている理由

ただし、使用上の注意点もいくつかあります。

まず、スポンジによっては、外部の音をほとんどシャットアウトしますから、外出時は利用を避けることが重要です。

車のクラクションが聞こえなくなったら、交通事故に巻き込まれるかもしれませんからね。

また、耳の中に水分があると、皮膚がかぶれたり、中耳炎になったりすることもあります。

ですから、耳栓を耳に詰める時は、綿棒でやさしく耳の中をタッチして、水分を吸い取るようにしてくださいね。

最後に、耳栓を使う時は、衛生状態も念入りに確認しましょう。

たいていの耳栓は、洗って使いまわすことができません。

何度も使っていると、耳垢やホコリがたまりますし、雑菌も繁殖しやすくなりますから、耳のトラブルが起きやすくなるのです。

天気痛対策として頻繁に耳栓を利用する場合は、スポンジタイプではなく、ゴム製の商品を使うとよいでしょう。

もちろん、使用中に違和感をおぼえたら、すぐに耳から外す、痛みなどが発生したら医師の診断を受けることもお忘れなく!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ