気象病が引き起こす天気痛は、寒くなる季節にも多くなる!?

気象病が引き起こす天気痛は、寒くなる季節にも多くなる!?

天気痛・気象病

痛み発生の原因は自律神経にあり

低気圧の接近で天候が悪化すると、わたしたちの耳は誤動作を起こし、脳にカラダが傾いているという情報を出します。

これによって、脳が混乱を起こして交感神経を刺激し、さまざまな痛みを発生させるのです。

これが、気象病と呼ばれる疾患で、頭痛や関節痛、めまいや古傷の痛みなどの症状の総称を「天気痛」とよびます。

気象病が引き起こす天気痛は、寒くなる季節にも多くなる!?

気象病はテレビの健康番組でも取り上げられるようになったので、ご存知の方も多いことでしょう。

気象病による天気痛は、雨が多い梅雨の季節に増えると思われがちですが、朝晩の寒暖差が激しいこの季節にも症状が増えるんです。

その原因は、自律神経の乱れ。

カラダの生命機能を司る自律神経は、心身を活動モードにする交感神経と、副交感神経の2種類あります。

日中は自律神経が活発にはたらきますが、夕方ごろから心とカラダを休息モードに移す副交感神経が優位に。

したがって、副交感神経がしっかり機能しないと、日中にたまった疲労やストレスが抜けなくなり、病気を引き起こしやすくなるんです。

この自律神経は、生活習慣や気候によって乱れやすいという特徴があります。

その1つが、日光に当たる時間の減少です。

気象病が引き起こす天気痛は、寒くなる季節にも多くなる!?

人間のカラダには、朝日を浴びると、その15時間ぐらい後に眠気を発生させるという体内時計がはたらいています。

また、太陽光を日中に浴びることで、「セロトニン」というホルモンが分泌されて、自律神経の調子が整えられます。

しかし、秋は日照時間が減少しますので、体内時計が狂いやすく、セロトニンの分泌も減ってしまいますから、交感神経が過敏になっています。

こうした状況下で天候が悪化すると、交感神経が刺激されやすくなり、さまざまな不快症状が発生するというワケです。
冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

気象病対策におススメの商品

気象病が引き起こす天気痛の対策として効果的なのは、鎮痛剤や酔い止め薬です。

でも、薬の服用は、あくまでも対処療法ですので、根本的な解決には至りません。

それに、薬を飲む頻度が高くなると、副作用も心配になりますよね?

そこで、この季節に発生する気象病の対策グッズとして、みなさんにおススメしたい商品があります。

自律神経のはたらきを整えてくれるツボ、「内関」を刺激してくれる「天気痛ブレス」。

日本で唯一の天気痛外来医が開発したブレスレットで、気圧の変化で発生する内耳の誤情報を、脳に伝えることを防いでくれるのです。

天気予報をチェックして、これから天気が悪くなると分かったら、このブレスレットを装着して、突起が付いている部分を1時間に数回押せば、気象病の症状がかなり軽減されます。

いずれのグッズも、自律神経の乱れをカラダの機能を利用して対策できますから、継続して使用すると気象病がラクになるだけでなく、快適な睡眠にもつながりますよ!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ