“玉ねぎおばさん”が実践している快適な睡眠習慣は都市伝説だった!?

“玉ねぎおばさん”が実践している快適な睡眠習慣は都市伝説だった!?

睡眠の豆知識

起床時間は夜中の2時!

突然ですが、「徹子の部屋」でおなじみの黒柳徹子さん、何歳かご存知ですか?

いつ見ても「年をとらない若さを」を保っていて、年齢不詳な感じがしますが、正解はなんと1933年生まれなので83才(2017年時点)!

どう見ても、おばあちゃんには見えませんよね?

以前、彼女がテレビで話していたのですが、あの若さの秘訣は「分割睡眠」にあるんだそうです。

毎日10時に寝て、4時間後の2時に起床。しばらく仕事をしてから5時にもう一度布団に入って就寝。そして11時に起きるといった生活を続けているんだそうです。

きっかけは、美肌に欠かせない女性ホルモンや成長ホルモンが夜の10時~2時の間に分泌されるということを知ったから。

玉ねぎおばさん”が実践している快眠習慣は都市伝説だった!?

タレントさんのこうした睡眠方法を知ったら、美に敏感な女性は真似したくなるかもしれませんね?

睡眠の深さには個人差がありますし、科学では解明されていないことが非常に多いので、彼女の場合はこうしたライフスタイルでも健康を保てるのかもしれませんが、普通?の人にはおススメできません。

お医者さんの中には、こうした睡眠方法の効果は、都市伝説だと指摘すると人もいるのです。

パシーマ・オリジナル敷パット

お肌のゴールデンタイムは昔の常識!

徹子さんが寝ている時間帯は、「肌のゴールデンタイム」と呼ばれています。

しかし、最近の研究では、

「美につながるホルモンの分泌は時間帯ではなく、入眠してから3時間の間に熟睡することが影響する」

ということが分かっています。

12時に眠りについても、3時までの間に熟睡してればいいのです。

玉ねぎおばさん”が実践している快眠習慣は都市伝説だった!?

肌に悪いからと言って22時に寝ようと生活習慣を変えても、それでストレスがたまってしまっては、お肌はかえって状態が悪くなってしまいます。

寝る時間に気を配るよりも、深い眠りにつくことを心がけてください。

さすがに、彼女の真似をして2時に起きることを実践している人はいないと思いますが、こうした睡眠は快眠から遠ざかってしまうので、注意が必要です。

人間の体というのは、起きてから16時間後に眠くなるというリズムで活動していますから、夜中に起きて仕事をしたり趣味を楽しんだりすると脳が活性化して、次第に入眠が困難になりますよ!

1時間睡眠で元気に生活しているタレント?

タレントさんの睡眠で、面白い話をもう1つ。

アスリートタレントとしてバラエティー番組に引っ張りだこの武井壮さん。

彼はなんと、夜の睡眠時間が1時間なんだとか!
(昼寝はしているらしいです)

それでも、毎日活動的に生活できていますし、脳もすっきりしているそうです。

もちろん、一般の人がこうした睡眠を真似するのはNGです。

武井さんは、布団に入ったら眠りにすぐついて、相当深い睡眠を得ているのでしょう。

インターネットで睡眠に関する情報を検索すると、こうした睡眠障害を招く“偽情報”があふれていますから、芸能人が実践しているからと言って、科学的に正しいとは思わないでくださいね。

「昔はこうした分割睡眠で生活する人が多かった」

という主張も見かけますが、今は夜型の生活になっていますし、これまでは正しいとされてきた科学が現代になって間違いだった、ということも多いですから!

パシーマ・オリジナル敷パット

ページの先頭へ