天気痛対策に効果的な鎮痛剤で不眠になる?副作用がない対処法とは?

天気痛対策に効果的な鎮痛剤で不眠になる?副作用がない対処法とは?

天気痛・気象病

鎮痛剤を飲み続けることの弊害とは?

天候が悪化して気圧が低下した時に発生する「気象病」には、大別すると2つの症状があります。

1つは、手足のしびれやめまいなどが同時に発生したり、疲労感を体全体に感じたりする身体の不調で、病院で血液検査などを受けても数値に異常は出ないのが特徴です。

これを「不定愁訴」といいます。

もう1つは、古傷の痛みが再発するとか、片頭痛などの持病が悪化するといった症状で、痛みを伴うことから、「天気痛」と呼んでいます。

天気痛は、日本人の10人に1人が抱えている悩みで、気圧の変化によって耳の奥にある内耳という器官に誤動作が生じて、交感神経が活発に働くことが原因とされています。

そして、痛みを感じる「痛覚神経」が刺激されて、さまざまな痛みが発生するのです。

天気痛のなかでも、多くの人を悩ますのが頭痛。

天気痛対策に効果的な鎮痛剤で不眠になる?副作用がない対処法とは?

普段から、頭痛に悩んでいる方でしたら、その痛みはさらに激しくなり、日常生活に支障が出るほどです。

この不快症状を緩和するために効果的なのは、鎮痛剤ですね。

天気予報をチェックして、気温や気圧がこれから低下することが分かったら薬を用意。痛みを感じた時点ですぐに飲めば、つらい症状を軽減することができます。

しかし、気になるのは、薬を飲むことで発生する副作用。

代表的なのは、胃もたれや腹痛、胃炎など消化器系の症状です。

また、鎮痛剤を飲む頻度が高くなったら、耐性ができて効き目が弱くなることもあります。

さらに、鎮痛剤には解熱剤と同じ作用があり、服用するとカラダが冷えてしまうことも・・・。

冷えた状態が続くと、睡眠前の「深部体温の低下」が発生しにくくなり、寝つきが悪いとか、睡眠が浅くなるといった睡眠障害を引き起こす可能性があるのです。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

天気痛に効くツボは、手首にあります

天気痛の研究は進んでいるものの、根本的な治療法はまだ確立されていないだけに、副作用が発生するリスクが高い鎮痛剤には、なるべく頼らないようにしたいものですね。

そこで、みなさんにおススメしたいのが、「内関」という手首にあるツボ押す方法です。

手のひらを上にして、手首のはじからひじの方向に、指三本を置いてください。

手の中心に通っている筋と、人差し指が重なる部分が、内関です。

ここを少し強めに8秒間ぐらい押して、同じ動作を7~8回繰り返すと、頭痛やめまい、吐き気などが和らぐのです。

天気痛対策に効果的な鎮痛剤で不眠になる?副作用がない対処法とは?

こうしたツボ療法をサポートしてくれるのが、ツボを効果的に刺激してくれる「天気痛ブレス」です。

シリコン製のベルトに3D形状の突起が付いていて、これを腕に巻くだけで内関をしっかり刺激してくれます。

デザイン性もバツグンで、プライベートでも仕事中でも、まったく違和感のないのも大きな特調。

朝から晩までつけていても、蒸れたりかぶれたりしませんし、こまめに突起がある部分を押すことで、さらに天気痛の防止効果が高まります。

この天気痛ブレスは、天気痛研究の第一人者である医師と、針灸師が開発に携わっていますから、機能性は申し分なしです。

移動しやすいツボも、しっかり捉えて刺激を与えることができますから、症状の緩和効果も期待できます。

繰り返し使えるこの天気痛ブレスは、価格もお手頃。

鎮痛剤2箱分ぐらいの値段ですから、コスパも断然こちらのほうがいいんです!

天気痛の症状が軽い人も、重い人も、まずはお試し感覚でこの天気痛ブレスを装着してみて、痛みの発生具合を確認してみましょう。

驚くほど痛みが軽く感じて、いつもどおりの生活が続けられますから、きっと手放せなくなると思いますよ!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ