快適な睡眠につながる水分補給習慣!体の水分不足を防ぐコツとは?

快適な睡眠につながる水分補給習慣!体の水分不足を防ぐコツとは?

睡眠の豆知識

水を飲むことが快眠につながる理由

「1日に1.5リットルの水を飲みましょう」

熱中症になりやすい夏になると、よく耳にする呼びかけですね。

私たちは毎日、汗や尿などによって、約2リットルの水を体外に排出しています。また、呼吸の時にも水分は出ています。窓ガラスに向かって「ハァー」っと息を吹きかけると、曇りますよね。

ですから、排出された分の水を毎日飲むことが、非常に大切なのです。

快眠につながる水分補給習慣!体の水分不足を防ぐコツとは?

ちなみに、食べ物などから約0.5リットルの水分を摂っていますから、飲み水は1.5リットルでOKなんです。

体が水分不足の状態になると、快眠にも悪影響が出てきます。

寝ている時は、個人差はありますが、200ミリリットルぐらいの汗をかきますから、脳は体が水分を必要としているとサインを出して、喉の渇きを感じさせます。これで目が覚めてしまい、深い睡眠が妨げられることがあるのです。

また、血液の水分量が減ってドロドロ状態になってしまいますから、血行が悪くなって体の冷えにもつながります。

冷え性になってしまうと、体温調整が狂って眠りにつきにくくなりますから、睡眠障害がさらに深刻になってしまいます。

コスパ最強布団クリーナー

体の水不足には、意外な原因が!

水を飲むということは、食事を摂ることと同じぐらい重要な活動ですが、どうして体が水不足の状態にある人が多いのでしょうか?

それは、脳のはたらきに原因があります。

喉が渇くというのは、当たり前の生理現象ですが、脳が体の水分不足に気付くまでには時間がかかるのです。

喉がカラカラになったと感じた時は、すでに体から多くの水分が失われていて、ひどい時は脱水症状に落ちっていることもあります。

高温が続く夏の日に水分補給を心がけていたのに、気が付いたら熱中症になっていてしまうというのも、こうした理由があるからです。

水分補給は習慣にする必要があるんですね。

水の飲みすぎはNG。適量はどれぐらい?

では、快眠につながる水分補給習慣のコツをお伝えしましょう。

まず、最初に覚えておきたいのは、

「大量の水を一度に飲まない」

「1回200ミリリットル程度の水を、1日8回ぐらいに分けて飲む」

という2点です。

水を“飲みだめ”するのはNGです。大量の水を飲むと、体内の塩分バランスが崩れて、頭痛や吐き気といった症状がでますし、重症化すると昏睡の状態に陥って死に至るなんてことも・・・。

ですから、1日に必要な水は、コップ1杯を目安に、小分けにして飲む必要があるのです。

快眠につながる水分補給習慣!体の水分不足を防ぐコツとは?

朝起きた時、食事の前、入浴後、トイレに行った後、そして就寝前。これらのタイミングで水分補給をすれば、体が水分不足に陥る心配はありません。

また、水分補給は、ドリンクであれば何でもいいというワケではありません。

コーヒーや緑茶には、カフェインが多く含まれていますから、人によっては快眠の妨げになってしまいます。それに、利尿効果も高いので、これらのドリンクを寝る前に飲むと、夜中にトイレに起きて目が覚めてしまうことが多くなるなんてことも。

また、冷たい水を飲むのも避けましょう。体を冷やして低体温を招きやすいですから、なるべくぬるま湯を飲むようにしてください。

体の深部体温を下げるために皮膚温度を上げなくてはならない就寝前は、特に、注意しましょう!

こうした習慣を身に付けてゆけば、睡眠のお悩み改善につながりますよ!

コスパ最強布団クリーナー

ページの先頭へ