睡眠サプリのサポート力をアップ!おすすめの食品&飲料7選

睡眠サプリのサポート力をアップ!おすすめの食品&飲料7選

サプリ

朝食が食べられない日は、バナナ+牛乳でOK!

仕事が忙しい日々が続き、ストレスを解消する暇もなくなると、布団に入ってもなかなか寝付けなくなりますね。

さらに、夜中に何度も目が覚めたり、朝起きた時にスッキリ感がなかったりと、さまざまな不快症状が頻発します。

こんな時に頼りになるのが、副作用の心配をすることなく飲める睡眠サプリ。

眠りをサポートする植物などが配合されているので、毎日寝る前に飲む習慣を身に付けると、神経の高ぶりが次第に収まり、深い眠りが得られることが期待できます。

しかし、不眠の対策は、規則正しい習慣を続けることが基本中の基本。

とくに食事は、睡眠ホルモンの生成や、体温調整など、眠りの質を高める重要な活動です。

睡眠サプリの力に頼りすぎず、栄養バランスにすぐれた食事を、3食きちんと食べるようにしましょう。

今回は、睡眠サプリのサポート力が高まる食べ物と飲み物を7品、紹介してゆきます。

1.牛乳

夜になると自然に眠気が発生するのは、メラトニンという睡眠ホルモンが分泌されるからです。

このホルモンの原料となるのが、牛乳に多く含まれる「トリプトファン」という成分で、体重が60キロぐらいの人であれば、1日の必要量は120mgとなります。

朝は食欲がないという場合でも、コップ1杯(200ml)の牛乳を飲めば82mgのトリプトファンが摂取できます。

寝る前にホットミルクを飲むと、快眠につながると言われていますが、これは大きな間違い。

睡眠中に胃腸が活動して、深い睡眠の妨げになります。

睡眠サプリのサポート力をアップ!おすすめの食品&飲料7選

2.バナナ

ミネラルの1種であるマグネシウムが不足すると、精神が不安定になって、入眠障害を引き起こすことがあります。

寝る前に、仕事の嫌なことを考えてしまい、気分が落ち着かなくなることが多い人は、朝食にバナナを食べるようにしましょう。

バナナにもトリプトファンが含まれていますので、牛乳と一緒に摂れば、必要量の80%ぐらいに達します。

スリミングピロー

チョコレートは間食におすすめ!

3.チョコレート

ストレスによる心の負担を軽くして、リラックスした状態に導いてくれるGABA(ギャバ)。

チョコレートに多く含まれていますから、小腹がすいた時に食べるようにしましょう。

1日10~20mgです。

4.落花生

体内で生成されるリラックスホルモンの「セロトニン」は、落花生などの豆類からも摂取できます。

時間がある方は、落花生を茹でて皮ごと食べてみてください。

抗酸化成分も同時に摂取できますから、睡眠中の疲労回復が進みますよ。

睡眠サプリのサポート力をアップ!おすすめの食品&飲料7選

5.水出し緑茶

緑茶に含まれるテアニンは、一部の睡眠サプリにも使用されているリラックス成分で、摂取するとリラックスした時に出る脳波(α波)が上昇します。

睡眠の妨げとなるカフェインは、水出しにすることで発生が抑えられます。

6.セントジョーンズワート

こちらも、睡眠サプリに使われているハーブ。

寝る前にホットで飲んで、深呼吸をすると、筋肉の緊張が解けてゆくでしょう。

7.はちみつ

最後は、精神科医もおススメする「国産はちみつ」です。

トリプトファンが含まれていますし、脳の疲れをとるブドウ糖も豊富。

ただし、殺菌処理された海外製品だと、有効成分がはたらきませんので、国産を選ぶようにしてください。

スリミングピロー

ページの先頭へ