睡眠サプリQ&A10選 | 副作用のリスクが高い成分とは?

睡眠サプリQ&A10選 | 副作用のリスクが高い成分とは?

サプリ

睡眠サプリの役割は、快眠のサポート

睡眠の不満を改善する商品として、最近、注目を集めている睡眠サプリ。

寝つきの良さや、深い眠りをサポートする成分の作用で、朝起きたときの爽快感と日中の活動力アップにつながるとあって、利用者が急増しています。

しかし、睡眠サプリの正しい摂取方法を知らないばかりに、効果を感じる前に飲むのをやめてしまう人が多いのも事実。

そこで今回は、睡眠サプリを購入する前に知っておきたいポイントを、Q&A方式でまとめてみました。

Q1.

睡眠サプリは睡眠薬と、どこが違うのですか?

A1.

睡眠サプリは健康食品ですので、薬に使われる成分が含まれていません。

あくまでも眠りをサポートするための商品です。

Q2.

他にサプリを飲んでいるのですが、問題ありませんか?

A2.

海外製のものでなければ、問題ありません。

ただし、薬を飲んでいる場合は、医師や薬剤師に相談してから、摂取するようにしましょう。

また、複数の睡眠サプリを摂取すると、副作用が発生することがあることを覚えておきましょう。

とくに気を付けたい成分は、睡眠ホルモンの原料となる「トリプトファン」で、摂取量が過剰になると肝機能障害を引き起こすおそれがあります。

睡眠サプリQ&A10選 | 副作用のリスクが高い成分とは?

Q3.

海外製のメラトニンサプリに危険性があると聞きました

A3.

メラトニンは脳に直接作用する成分で、副作用のリスクが高いため、国内ではサプリとしての販売が禁止されています。

個人輸入などで手に入るサプリのなかには、粗悪品も含まれていますから、購入は避けたほうがいいですね。

Q4.

飲む量を増やせば、効果が早く出ますか?

A4.

いいえ、そのような作用は期待できません。

睡眠の妨げとなる習慣を改善したうえで、毎日、寝る前に飲むようにすれば、次第に寝つきの悪さや中途覚醒など、眠りの悩みが解決されるでしょう。

オトナ抱き枕

美と健康もサポートする睡眠サプリの成分とは?

Q5.

お年寄りが飲んでも大丈夫ですか?

A5.

年齢を重ねると、睡眠の悩みが増えますから、改善策として睡眠サプリを摂取するのは有効と考えられます。

睡眠サプリのサポート機能を確認して、自分の不眠症状に合った商品を選んでください。

Q6.

カロリーはどれぐらいありますか?

A6.

たいていの睡眠サプリは、炭水化物を含んでいませんし、糖分も微量しか使われていませんので、1回分で数カロリー程度です。

Q7.

睡眠サプリを飲むと、睡眠薬のように依存性が発生することはありますか?

A7.

用法と用量を守っていれば、依存性は起こりにくいです。

Q8.

市販の睡眠薬と、どちらがおススメですか?

A8.

ドラッグストアなどで販売されている睡眠薬(睡眠対策薬)は、不眠の改善効果が高いですが、病院で処方される薬と同じく、副作用が起きやすくなります。

症状が軽い不眠の場合は、睡眠サプリを毎日飲みながら、体内リズムの乱れを整えてゆくようにしましょう。

睡眠サプリQ&A10選 | 副作用のリスクが高い成分とは?

Q9.

睡眠サプリは、いつ飲むのが効果的ですか?

A9.

商品によっても異なりますが、寝る直前に飲むことをおススメします。

睡眠サプリを飲んだら、部屋の明かりを消して、スマートフォンの操作などはせずに、なるべく早く布団に入りましょう。

Q10.

美容や健康にも効果がある成分があると聞きましたが?

A10.

睡眠サプリに使われている成分のなかに、「メリンジョ」と「カラハリスイカ」という植物があります。

メリンジョには、コラーゲン生成遺伝子を活性化させたり、美白をサポートしたりといったはたらきがあります。

また、保湿機能が高いカラハリスイカの成分を摂取すれば、肌のうるおいが改善され、うるおいのある肌になることが期待できるでしょう。

オトナ抱き枕

ページの先頭へ