睡眠サプリ人気成分10選 | 快眠につながるアイテムも紹介!

睡眠サプリ人気成分10選 | 快眠につながるアイテムも紹介!

サプリ

寝つきをよくしたり、眠りを深くしたりする睡眠サプリには、さまざまな植物由来成分が配合されています。

今回は、10の睡眠サポート成分や原材料と、その作用をご紹介しますので、自分の不眠症状解消につながりそうなアイテムを見つけてみてください。

就寝前の体温低下が、寝つきの良さにつながる

1.カラハリスイカ

植物が育ちにくい過酷な環境である砂漠で育つスイカで、血行促進効果が高い「シトルリン」というアミノ酸を豊富に含んでいます。

また、保湿力が非常に高いので、乾燥しがちなお肌のケアにもパワーを発揮します。

2.メリンジョ

深い眠りである「ノンレム睡眠」を活性化させる作用や、高い抗酸化効果を持っている植物です。

脂肪燃焼を促進して、糖尿病の発症リスクを低下させる、老化のスピードを抑える、といった健康効果も期待できるとされています。

3.トリプトファン

夜になると分泌量が増えて、眠気をもよおすメラトニンという睡眠ホルモンは、トリプトファンという成分が原料となっています。

トリプトファンは、牛乳や豚肉、大豆製品などから摂取できますが、食事で不足する場合は、サプリメントで補うのが有効です。

睡眠サプリ人気成分10選 | 快眠につながるアイテムも紹介!

4.ギャバ

脳内ではたらく抑制系の神経伝達物質で、神経の興奮を抑えて、こころをリラックスさせる作用があります。

また、心地よい寝つきに必要な、眠りにつくときの体温低下も、この物質が関わっているのです。

ギャバは睡眠中に脳内で生成されますが、眠りが浅いと量が不足して、睡眠障害を引き起こします。

発芽玄米、野菜、果物などを多く食べるように心がけながら、足りない分を睡眠サプリで補うのが効果的な摂取方法です。

5.グリシン

動物性たんぱく質(肉など)や、ホタテ、カニといった魚介類に含まれるアミノ酸で、深い眠りをサポートする作用があります。

血管を拡張する効果もありますので、布団に入る前に摂取すると血のめぐりがよくなり、寝つきの悪さが改善されて、快適な睡眠につながるのです。

スリミングピロー

睡眠に不満を感じたら、すぐにサプリを摂取して改善を目指す!

6.カルシウム

高ぶった神経を抑え、心身をリラックスさせるミネラルです。

栄養バランスがとれた食事を続けていれば、体内で不足することはありませんが、食事の回数が少なくなっている方や、食欲不振が続いている人は、サプリで不足分を補うとよいでしょう。

7.マグネシウム

カルシウムの働きをサポートするミネラルで、カルシウムの半分の量を摂取する必要があります。

8.テアニン

緑茶に含まれるうまみ成分であるテアニンは、脳をリラックスさせて深い睡眠に誘う作用を持ちます。

夜中に何度も目が覚める人に、ぜひ、おススメしたい成分です。

9.清酒酵母

深い睡眠の質を高め、目覚めた時のスッキリ感をもたらします。

清酒酵母は日本酒にも含まれていますが、アルコールの作用で脳が覚醒して快適な睡眠を妨げてしまうので、睡眠サプリで摂取するようにしましょう。

睡眠サプリ人気成分10選 | 快眠につながるアイテムも紹介!

10.セントジョーズワート

ドイツでは、その成分がうつの治療薬にも使われているハーブで、心身のリラックスを促すセロトニンの分泌量を増加させます。

【まとめ】

睡眠サプリは薬と違って、副作用が発生しない食品です。

不眠の症状が少しでも続いたら、こうした成分のサポート機能を確認したうえで、早めに摂取するようにすると、睡眠の質が高まり、快適な生活を取り戻すことができますよ!

スリミングピロー

ページの先頭へ