いびきは深刻な病気のサインかも!快適な睡眠を実現するおススメ枕とは?

いびきは深刻な病気のサインかも!快適な睡眠を実現するおススメ枕とは?

睡眠・不眠対策グッズ

いびきがひどくなると、呼吸が止まる!?

冒頭から唐突ですが、既婚者の方に質問です!

「寝る時は、奥さん(旦那さん)と一緒に寝ていますか?」

大手雑誌社が既婚者500名を対象にアンケートをとったところ、結婚してからずっと一緒のベッドで寝ている人は、全体の半分しかいなかったという結果が出ました。

その理由の1つが、

「相手のいびきがうるさいから」

というもの。

なかには、いびきが原因で不眠症になった人や、離婚を検討している人もいるようで、社会問題とまではいかなくても、

「仕方ない」

では済まされない、深刻な問題となっているようです。

いびきは深刻な病気のサインかも!快適な睡眠を実現するおススメ枕とは?

そもそも、いびきというのは、寝る時に空気の通り道である気道が狭くなることで発生するのですが、一時的な体調不良で発生するだけでなく、病気が原因となっている可能性もあります。

前者のケースでは、疲労の蓄積や花粉症などが挙げられます。

体調が元に戻れば、いびきはかかなくなりますから、さほど心配する必要はありません。

しかし、後者に当てはまる場合は、すぐに医師に診てもらわないと重篤な症状を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

考えられる病気としては、脳梗塞や脳腫瘍、舌がんなどです。

また、気道がさらに狭くなると呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群(SAA)」を発症している可能性があります。

この症状が続くと眠りが浅くなりますので、快適な睡眠が得られず、朝起きた時に疲れが残っていたり、日中の眠気や集中力の低下につながったりします。

また、呼吸の停止によって、血液中の酸素量が減少するので、動脈硬化などのリスクも高まるのです。

AS快眠枕

快眠を追求した枕が、夫婦の絆を固くする

自分だけでなく、一緒に寝ている人の睡眠の質を低下させてしまういびき。

健康状態の悪化につながらないように、パートナーのいびきが続く時は、まず、耳鼻科で診てもらうようにしましょう。

診察の結果、病気が見つからなかった場合に注目したいのは、枕の形状です。

寝心地がいいと思っていても、長年使っていると頭を乗せた時に気道がせまくなってしまって、いびきを発生させている可能性があります。

枕は、高すぎても、低すぎてもダメで、気道をしっかり確保してくれることが選択の基準です。

いびきは深刻な病気のサインかも!快適な睡眠を実現するおススメ枕とは?

おススメは、「スージーAS快眠枕」です。

3次元の形状をした本体が、頭と首を最適な高さに配置するので、起床時と同じように空気が通って、いびきの発生が抑えられます。

また、いびきの防止に最適と言われる「横向きで寝る」姿勢も、枕の両サイドにあるバンク(カーブの傾斜)が、しっかりサポートして快適な睡眠に導いてくれます。

さらに、スージーAS快眠枕は、頭と枕が接する部分に空間を作り、熱がこもらないような設計になっていますので、寝つきを良くするために必要な頭部の温度低下も妨げません。

こちらの枕は、高さが異なる2つのサイズが用意されています。

男性はもちろんのこと、女性の頭部や首にもピッタリフィットしますので、ご夫婦で使ってみてはいかがでしょうか?

いびきによる騒音の悩みが消えて、夫婦円満につながりますよ!

AS快眠枕

ページの先頭へ