サプリ

睡眠サプリの飲み合わせ、注意すべき成分は?睡眠薬と併用はOK?

睡眠サプリの飲み合わせ、注意すべき成分は?睡眠薬と併用はOK?

サプリ

栄養成分の過剰摂取に注意!

寝つきの悪さや浅い睡眠を改善して、快眠をサポートしてくれる睡眠サプリが人気です。

サプリは食品ですから、薬のように副作用が発生することは、ほとんどありません。

それに、ビタミンなどのサプリを飲んでいても、「飲み合わせ」による問題も少ないので、安心飲めるのも特徴です。

ただし、注意点もいくつかあるので、ここでしっかり抑えておきましょう。

◆複数のサプリで同じ成分を摂らないようにする

栄養素の中には、摂取量が多くなると体調を崩すものがあります。

たとえば、ビタミンA。

のどなどの粘膜から侵入する細菌を死滅させる、美肌をキープするなど、さまざまな役割をもっていて、体内のビタミンAが不足すると、免疫力が低下したり、肌が乾燥したりといった症状が発生します。

しかし、サプリでビタミンAを過剰摂取すると、頭痛や抜け毛、脳圧の上昇といった副作用が発生します。

現在、複数のサプリを飲んでいる人は、適量を守るのはもちろんのこと、同じ栄養素を複数のサプリから摂取していないか、確認してみましょう。

睡眠サプリの飲み合わせ、注意すべき成分は?睡眠薬と併用はOK?

◆トリプトファンサプリの摂取は、さらに慎重に!

睡眠サプリの中に、「トリプトファン」が配合された商品があります。

この成分は、睡眠ホルモンであるメラトニンの原料になるので、積極的に摂取している人が多いようですが、摂取量が多くなると筋肉痛を引き起こし、症状が悪化すると臓器不全が発生することも・・・。

サプリ大国であるアメリカでは、トリプトファンの過剰摂取で1,500件以上の健康被害が発生し、うち37人は命を落としているのです。

これは、どんなサプリにも言えることですが、摂取量が多くなれば効果が高まるということはありません。

それに、トリプトファンは普段の食事でも必要量を摂取できる成分です。

栄養素はあくまでも、食事から摂取するのが基本で、サプリは不足分を補うためのものと覚えておいてくださいね。

フォスフレイクス(枕)

睡眠薬を飲んでいる人でも睡眠サプリは飲める?

◆吸収効果が低下する組み合わせに注意!

飲み合わせの問題は少ないサプリですが、組み合わせによっては栄養素の効果が低下するケースもあります。

例:ビタミンCとホルモン系のサプリ

快眠のためにビタミンCのサプリを利用している人は多いですが、プラセンタや大豆イソフラボンなど、ホルモン系のサプリも一緒に飲むと、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことがあります。

更年期障害を発症している方は、症状がさらに重くなるので、注意が必要ですよ。

◆睡眠薬との併用は、必ず医師に相談してから!

普段、睡眠薬を飲んでいる方でも、睡眠サプリの摂取はできます。

ただし、薬の作用を弱める成分が含まれているケースもあるので、睡眠サプリも利用する時は、袋ごと医師にチェックしてもらい、問題となる成分が含まれていないか、確認してもらいましょう。

睡眠サプリの飲み合わせ、注意すべき成分は?睡眠薬と併用はOK?

また、睡眠サプリを睡眠薬に切り替えるという自己判断は、絶対にNGです。

睡眠薬の服用を突然ストップすると、不眠がさらに深刻になり、発汗やめまい、ふるえ、食欲不振など、さまざまな副作用が発生します。

このような、睡眠薬と睡眠サプリの特性をしっかり覚えて、自分の症状に合ったサプリで快眠を目指しましょう。

フォスフレイクス(枕)

ページの先頭へ