涼しくなった時期が危険?睡眠中の熱中症対策に飲みたい麦茶の秘密

涼しくなった時期が危険?睡眠中の熱中症対策に飲みたい麦茶の秘密

睡眠の豆知識

涼しくなってからも熱中症になる理由とは?

早いもので、暦の上ではすでに秋(8月7日が立秋)ですが、相変わらず暑い日が続く毎日。

みなさん、朝から晩まで、しっかり熱中症対策をしていますか?

これから9月にかけて、次第に気温が下がってきますが、暑さと湿度に対して気を緩めてはいけません!

総務省消防庁が発表しているデータによると、昨年(平成28年)の4月25日から10月2日までの週で、熱中症で救急搬送された人が一番多いのは、8月の第1週となっています。

そして、その次に多かったのが8月の第3週で、さらに次が同月の第2週という状況です。

ちなみに、9月になると数は減るものの、第2週目までは1,000人を超える人が搬送されています。

気温が下がっても、熱中症患者が発生するのは、その対策がおろそかになるからと推測されています。

からだも夏バテになっていますから、冷えを避けて水分補給の回数が減ってしまいますし、寝る前にエアコンを消してしまう人も多くなりますよね。

しかし、熱中症のリスクは、気温だけでなく湿度や太陽光の反射(道路からの照り返しなど)も関わっています。

涼しくなった時期が危険?睡眠中の熱中症対策に飲みたい麦茶の秘密

「気温が下がった秋でも、熱中症になるリスクは高い」

ということを意識して、こまめな水分補給と冷房による温度調整に気を配り、脱水になりやすい睡眠中の熱中症対策も徹底してください。

そこで、みなさんにおススメしたいのは、麦茶を飲む習慣です。

緑茶ですと、カフェインの影響で利尿作用がはたらきますから、トイレに行く回数が増えることで、カラダが水分不足の状態になる可能性があります。

その点、麦茶は大麦を原料としているため、カフェインが含まれていません。

寝る前の水分補給ドリンクとしても、安心して飲めますよ!

コスパ最強布団クリーナー

夏の暑さに疲れた胃もいたわってくれる麦茶

麦茶のパワーは、他にもあります。

この季節の胃は、暑さによる疲れやストレスなどによって、炎症を起こしやすい状態になっています。

でも、麦茶をこまめに飲むようにすれば、「アラントイン」という胃粘膜を保護する成分を摂取できるので、消化をサポートして健康を保てるのです。

涼しくなった時期が危険?睡眠中の熱中症対策に飲みたい麦茶の秘密

また、麦茶の香ばしい成分のもとである「アルキルプラジン」という成分には、血行不良を改善する作用があります。

夏は汗をかく量が増えますので、血液がドロドロの状態になります。

これによって、血液が運ぶ栄養素が減ってしまいますから、カラダのあちらこちらに不調が発生するのです。

こうした素晴らしい効果のある麦茶を寝る前に飲む習慣は、睡眠中の熱中症対策にもつながります。

お湯だしの麦茶を作れば、水出しよりも香ばしさが引き立つので、寝る前のリラックスタイムにも最適ですよ。

さらに、最近は、適度な塩分が含まれた麦茶も販売されています。

汗をかくときは、水分だけでなく塩分も失われていますから、日中はとくに、こうした飲料で塩分補給をするといいですね。

麦茶は手軽なパックで売られていますから、作るのもカンタン。

それに、飽きずに毎日飲めますから、夏に限らず、一年中麦茶で水分補給をする習慣を身に付ければ、熱中症に強い体質になれますよ。

コスパ最強布団クリーナー

ページの先頭へ