睡眠サプリと睡眠薬、どっちが安い?重視すべきポイントは?

睡眠サプリと睡眠薬、どっちが安い?重視すべきポイントは?

サプリ

ドラッグストアで買える睡眠薬は、副作用が怖い?

不眠が続くと、日中の活動力が低下しますし、気分もすぐれない状態が続くので、

「薬を飲んででも眠りたい!」

と思うことがありますよね?

とくに、サラリーマンの方だったら、大事な商談の前日や、出張が控えている場合は、こういったケースが多くなるでしょう。

睡眠サプリと睡眠薬、どっちが安い?重視すべきポイントは?

こんな時、頼りになるのが睡眠サプリです。

病院やクリニックで処方される睡眠薬のように、飲めばすぐに眠れるというものではありませんが、眠りが浅いとか、夜中に何度も目が覚めるという日が続いた時、継続して飲めば不眠の改善が期待できます。

ドラッグストアで手に入る睡眠薬を飲むという選択肢もありますが、こちらは厳密に言うと「睡眠対策薬」という種類に分類されるので、眠りの質に悩みを抱えている人の症状軽減は期待できません。

それに、睡眠導入剤は薬ですから、寝つきがよくなる作用と一緒に、さまざまな反作用も発生します。

たとえば、日中の眠気。

夜は眠れたとしても、仕事中に眠気が発生したのでは、パフォーマンスが低下してしまいますね。

また、頭痛が起きることも多いので、こちらも仕事の妨げになります。

その点、睡眠サプリは作用がゆるやかで、薬ほど副作用の発生リスクが少ないですから、飲む時の安心感が大きいというメリットがあります。

Sleepion

睡眠薬と比べて値段高いサプリ

睡眠サプリを利用するとなると、気になるのは値段ですね。

1日分で計算すると、そこそこお得に感じますが、継続して飲むとなると、少し割高に感じてしまいますよね。

病院に行って睡眠薬を処方してもらう場合と比較したら、薬の種類にもよりますが、2,000円前後高めになります。

しかし、心療内科や精神科に行くと、待ち時間がかなり長くなってしまうという問題が発生します。

サラリーマンの場合は、仕事が休みになる土曜日に診察を受けることが多くなりますが、病院が一番混むのもこの曜日です。

患者さんの話をよく聞いて、最適な薬を処方する医師ほど、診察時間は長くなりますから、2時間以上も待つというのが当たり前、という状況なのです。

睡眠サプリと睡眠薬、どっちが安い?重視すべきポイントは?

しかも、睡眠薬の場合は、風邪薬のように症状が軽減されたらすぐに飲むのをやめるというワケにはいかず、医師と相談しながら薬を飲む量を減らしてゆく必要があります。

自己判断で薬の服用をやめてしまうと、あらたな副作用として、不眠症状が悪化するというリスクが高まるのです。

当然、追加の診察費と薬代もかかるワケですから、結果的にはこちらの方が高くついてしまいます。

もちろん、不眠が深刻で、頭痛や倦怠感などが続く方は、専門医の診察を早めに受けるべきです。

睡眠障害は深刻化すると、自律神経の働きをさらに悪化させて、自律神経失調症やうつ病を招きますから。

そうなると、睡眠薬だけでなく、抗うつ薬なども飲まなくてはならない状態になり、生活の質が一気に低下します。

でも、一時的な不眠で、病院に行くまでもないと考えている方や、生活改善やストレス発散で症状を緩和するつもりでしたら、まずは手軽な睡眠サプリから試すほうがいいでしょう。

出費が抑えられますし、通院と診察にかかる時間の節約につながりますよ。

Sleepion

ページの先頭へ