免疫力が落ちて夏バテ気味の人に!42度のお風呂で快適な睡眠に?

免疫力が落ちて夏バテ気味の人に!42度のお風呂で快適な睡眠に?

安眠・快眠方法

熱いお風呂が、からだの免疫機能をアップさせる?

寝つきをよくして、深い睡眠を得るために最適な入浴時の温度は、少しぬるめの38度前後が理想とされています。

布団に入る2~3時間ぐらい前にお風呂に入ってからだを温めると、体温が急上昇します。

しかし、入浴後は急激に体温が低下するため、睡眠に適したからだの状態になるのです。

逆に、寝る前の入浴は、布団に入った後もからだがほてっているので、深部体温がなかなか下がらず、眠りにつくまで時間がかかってしまいます。

また、温度が高いお湯に浸かることや、長風呂も同じような状態になるため、快眠のためには避けたい習慣です。

でも、下記の症状が継続的に続く場合は、高温のお風呂に入ってみるのも、夏バテを解消して快適な睡眠を得るきっかけになるかもしれません。

・からだがいつも冷えていて、とくに、夏は症状がひどい

・疲れがたまっていて、なかなか抜けない

・風邪をひきやすい

入浴方法はカンタンで、まずは、湯船に42度ぐらいのお湯をためます。

お風呂に入るときは、ペットボトルの水も持ち込んで、お湯に浸かりながら水分補給をしてください。

ただし、からだを冷やさないようにするために、冷水ではなく「ぬるま湯」にするのがポイント。

これによって、からだの脱水症状を防ぎ、寝ている間に熱中症になるリスクを減らせます。

さらに、温度計をお風呂場の外に置いておいて、体温が上がってきたと感じたら、口にくわえて舌下の温度を測り、38度前後になったらお湯から出て下さい。

免疫力が落ちて夏バテ気味の人に!42度のお風呂で快適な睡眠に?

その後は、からだをクールダウンするのではなく、服を着て上がった体温をキープします。

布団にはいる30分ぐらい前になったら薄着になり、汗を塗れたタオルで拭きましょう。

すこし、肌に水分が残るぐらいだと、気化熱の影響で体温が下がりやすくなりますよ。

オトナ抱き枕

高温の刺激で、細胞が活性化する

こうした高温入浴法は、「ヒートショックプロテイン入浴法」と呼ばれています。

人間のからだは、熱いお湯に触れると、ストレスでダメージを受けた細胞をメンテナンスするためのたんぱく質を生成します。

これによって、免疫力がアップして疲労回復につながりますし、平熱が次第に上がってゆき、冷え性が緩和されるというワケです。

個人差はありますが、冷え性で悩む人がこの入浴法を10日続けると、からだがポカポカになることを実感できますよ。

汗をかきやすく、体力も一気に奪われてしまう夏は、ヒートショックプロテイン入浴法で快適な睡眠を得て、夏バテを防げるかもしれません。

免疫力が落ちて夏バテ気味の人に!42度のお風呂で快適な睡眠に?

ただし、持病がある方や、めまいや立ちくらみといった症状が頻繁に発生している時は、こうした高温の入浴は避けてくださいね。

また、汗っかきの人は、入浴中の水分補給だけではからだが水不足の状態になってしまいますし、塩分も一緒に体外に排出されてしまいますから、ぬるま湯に少量の塩と砂糖を加えて飲むがおススメです。

これによって、体内の水分とミネラルのバランスが保たれますから、熱中症の予防にもつながります。

ヒートショックによるプロテインは、入浴した翌日から増え始めますから、人によっては1~2週間ぐらいで症状緩和が見込めます。

健康状態に問題がない方は、ぜひ、試してみましょう!

オトナ抱き枕

ページの先頭へ