夏バテを感じたら水分補給に注意!睡眠の妨げになる水分補給とは?

夏バテを感じたら水分補給に注意!睡眠の妨げになる水分補給とは?

睡眠の豆知識

朝起きた直後は、からだが水不足の状態になっています

今年は6月の時点で、過去3年間と比べると真夏日が少なかったので、比較的過ごしやすい夏になると思いきや、7月を過ぎてから猛暑がやってきましたね。

例年なら涼しい夏を迎える北海道が、本州より気温が高くなり、連日35度を超えるなど、異常気象とも言える日々が続いています。

気象庁では、8月も全国的に例年よりかなり暑くなると予報していますので、今のうちに夏バテ対策を万全にしておきましょう。

暑い夏を乗り切るために一番注意したいのは、からだの水不足です。

気温と湿度が高くなれば、気が付かないうちにからだの水分量は減ってゆき、気が付いたら汗が出ない状態になっていることも・・・。

さらに、頭痛や吐き気などが発生したら、熱中症を引き起こしている可能性があります。

重篤な症状を引き起こす前に、こまめな水分補給を心がけて、からだが水不足にならないようにしましょう。

ただし、やみくもに水を飲んでいたのでは、夏バテを招いて睡眠が浅くなり、体調不良がさらに悪化します。

水は一度に大量に飲むのではなく、コップ1杯程度の量を数回に分けて、からだから水分が失われたタイミングで摂取するのがポイントです。

汗をかいた時はもちろん、トイレに行った後や入浴時なども、水分補給が必要!

また、夏は寝ている間にかく汗の量が増えますから、起きてすぐ水を飲むことも大切です。

コスパ最強布団クリーナー

寝る前にのむ常温水が、夏バテを防ぐ!

もう1つ、みなさんに身につけて欲しいのが、寝る前に必ず水分補給をする習慣。

寝ている間にトイレで目が覚めてしまうからと、水を飲まずに布団に入る人が多いですが、これでは「夜間熱中症」を引き起こしてしまいます。

夏の夜は、他の季節よりも汗をかく量が増えますし、寝具環境が悪いと熱がこもって体温が上昇しやすいのです。

熱中症を起こす状態にならなくても、からだが水不足の状態になれば血液の流れが悪くなりますから、脳梗塞や心筋梗塞といった、重篤な病気になるリスクが高まります。

現に、脳梗塞は6~8月の睡眠中と起床後に発生しやすいと、日本脳神経外科学会などでも警鐘を鳴らしているのです。

ですから、寝る前にもかならず、水分を摂るようにしましょう!

ただし、お茶は利尿作用がありますし、スポーツドリンクは糖分の過剰摂取になります。

また、コーヒーは覚醒効果によって不眠につながりますから、必ず水にしてくださいね。

ただし、冷水はNGです!

温度が低い水は、からだを冷やしてくれるものの、交感神経を刺激して眠りを浅くしてしまいます。

その結果、からだの疲れが取れなくなって夏バテが進み、寝つきが悪くなって睡眠の妨げになるという悪循環を招くのです。

水分不足を防ぐのに最適なのは、常温の水です。

日中は冷水でも問題ないですが、夜は冷蔵庫で冷えたペットボトルの水は避けて、少しぬるめの温度にした水を飲むようにしてください。

夜間で沸騰させた水を冷ましておいて、寝る直前に飲むようにすれば、水分吸収力がアップして快適な睡眠が得られますよ!

コスパ最強布団クリーナー

ページの先頭へ