夜間熱中症はマンションで急増!予防につながるグッズは?

夜間熱中症はマンションで急増!予防につながるグッズは?

睡眠・不眠対策グッズ

夜になると外より部屋の温度が高くなる?

高温、多湿の日々が続く夏の日。

熱中症で倒れた人のニュースを、テレビやネットで見ない日はないというぐらい、発生件数が毎年増加しています。

とくに、最近増えているのは、睡眠中に発生する「夜間熱中症」。

昼間より気温が下がる夜間にこの病気が多くなる原因は、マンション独特の構造にありました!

東京都の調べによると、日中(朝5時~夕方5時)に熱中症で亡くなる方は全体の60%であるのに対して、夜間(夕方5時~朝5時)は40%もいることが分かりました。

これは、かつての木造住宅から、コンクリート製のマンションが増えたことで、夜になっても室温が下がらないことが影響しています。

日中の強い日差しに照らされ続けるコンクリートは、どんどん温度が上昇してゆきます。

マンションの最上階や角部屋のように、太陽光を受ける面積が多い部屋ほど、その上昇度は高いのです。

夕方過ぎ、日が落ちても、壁の温度はすぐに低下しません。

外側で受けた熱は、だんだんと部屋の方向に移動してゆき、夜になってから部屋に放射されるのです。

その結果、外の気温より室温が高いという現象が起こります。

睡眠中の熱中症はマンションで急増!予防につながるグッズは?

ここ数年内に建設されたマンションでしたら、熱の伝わりを遮断する素材が使われていることが多いですが、少し前の賃貸マンションなどだったら放射熱がかなり高くなるので、夜間の熱中症患者さんが増えるというワケです。

また、都市部を中心にヒートアイランド現象が進んでいますし、地球温暖化の影響で熱帯夜になる日も増えています。

さらに、寝る前はエアコンを切る人も多いことから、睡眠中に大量の汗をかいて脱水症状を起こし、重篤な状態に陥りやすくなるのです。

寝る2時間前からのエアコンで部屋の壁を冷やすのが効果的!

睡眠中の夜間熱中症を防ぐには、日中に部屋の外壁が吸収する熱を少なくする方法と、蓄積した熱を寝る前に冷やす方法の2つが効果的です。

おススメグッズは、「よしず」や「すだれ」。

これらを窓際で使用すると、条件によっても変わってきますが、壁の温度は3度前後低くなります。

また、寝る2時間ぐらい前に寝室のエアコンをONにしておけば、コンクリートの放射熱を抑えることができますので、室温が効果的に下がってゆきます。

これに加えて、寝る時は26~28度設定でエアコンをつけたままにして、扇風機の風で冷風を循環させれば、快眠が得られる環境になるでしょう。

風の方向をきちんと調整すれば、体が冷えることは防げますよ。

熱中症が恐ろしいのは、体調の異変を感じた時は、すでに体内で症状がかなり進んでいることです。

暑くて大量の汗をかいた状態で寝てしまい、からだが水分不足の状態になってしまうと、今度は汗が出なくなって、熱が体内にこもってしまいます。

そして、意識が戻らぬまま、重篤な状態に・・・。

睡眠中の熱中症はマンションで急増!予防につながるグッズは?

命を守るためにも、今回ご紹介したクールダウン対策を徹底して、寝る前はきちんと水分補給をすることを心がけてくださいね。

熱中症は、正しい対策を講じていれば、発生リスクをかなり抑えられる病気です。

夜間熱中症におすすめ人気ランキング3選

夜間熱中症は恐ろしいですが、きちんとした対策グッズがあります!

ここからは年間88万人が利用する睡眠・快眠サイトNeltureのおすすめの人気ランキングを大発表!
(※2018年6月1日~6月30日調べ)

自分に合った試してみたいものを選んでみましょう♪

3位:パシーマ・オリジナル敷きパッド

短時間でも質の高い睡眠がとれると噂のパシーマ敷きパッドが第三位!

日本初の脱脂綿を用いた敷きパッド。その吸水性・吸湿性は通常の綿毛布やタオルケットに比べて1.5倍。暑い夏でも蒸れずにサラサラな睡眠が持続します。

3層構造の軽くて気持ちいい肌触りが朝まで続く感動をぜひ確かめてみてください♪

パシーマ・オリジナル敷パット

2位:本麻の敷きパッド

”天然の接触冷感”で気持ちいい本麻の敷きパッドが第二位!

熱帯夜には背中に熱がこもるため、寝返りが多くなり眠りが浅くなるといわれいます。

しかし、この本麻の敷きパッドは天然の麻繊維を使っていることから、綿と比べて4倍の吸水性があり、ひんやりが長持ちします。洗うほどふっくらふくれる中綿が通気性を良くし、快適な眠りを届けます。
また独自の製綿技術によって家でも洗うことができるので、汗をかく夏には最適♪

もちろん丸洗いできるため、汗をかく夏には最適ですね♪

本麻の敷きパッド

1位:睡眠用たわし

メディアで話題沸騰のたわし枕が堂々の第一位!

たわしにしか実現できなかった最高の通気性が、睡眠中も熱をこもらせずに快適な温度を保ちます。

その秘密は透過エア素材。この特殊素材によって、通常の枕よりも―5℃の快適さが実現しました。

また、真夏は寝ている間に汗をかいてしまいますね。しかし、睡眠用たわしは洗ってもすぐに乾くため、毎日洗って清潔な環境で眠ることができますよ。

まくらを越えた、たわし。これで真夏の眠りも安心です♪

たわし枕

ページの先頭へ