天気が悪いと調子が悪い?気象病の原因となるメカニズムと、その症状とは

天気が悪いと調子が悪い?気象病の原因となるメカニズムと、その症状とは

天気痛・気象病

天気の変化や季節の変わり目で起きる気象病

台風が近づいたり、天気が崩れたりすると、体調がいまいちすぐれない…そんな経験はありませんか?これは、「気象病」と呼ばれる、近年認知されつつある病気の一つなのです。

気象病とは、気圧の変化が身体に影響して起こるもので、春や秋、季節の変わり目など、気温や気圧の変化が激しい時期、台風など、急激な気圧の変化が起こるときに発症しやすくなります。

気象病の代表的なものとして、天気痛があります。天気痛は、気象病の中でも、痛みを伴うものです。例えば、頭痛や、関節痛・神経痛、古傷の痛みなどが、天気痛にあたります。

天気痛のほかにも、めまいやふらつき、吐き気、倦怠感、イライラ、腰痛や肩こり、じんましんなども、気象病の症例の一つです。さらに、喘息やアレルギーなど持病の症状が悪化する場合もあります。

天気が悪いと調子が悪い?気象病のメカニズムと症状とは

自律神経を乱す気象病

気象病のメカニズムは、まだ研究段階で完全に明らかになっていない部分もあります。しかし天気の変化、つまり気圧の変化が体に影響を及ぼすということが解明されつつあります。

気圧の変化は、内耳にある気圧センサーが感知します。体は気圧センサーからの情報に対処しようとするのですが、これが上手くいかないと自律神経が乱れ、様々な不調が引き起こされます。

例えば急に気圧が変化した場合は、気圧センサーは脳に「体のバランスが崩れている」と伝達します。しかし視覚からの情報では崩れていないため、脳が混乱してしまいます。すると乗り物酔いのようなめまいを感じることがあるのです。

また脳の混乱は体にとってストレスです。このストレスに対処するため交感神経が活発に働きます。その結果、血管が収縮し、収縮した血管が元に戻るときに痛みの神経を刺激して、頭痛が起きたり、古傷が痛んだりします。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

気象病と副交感神経の関係

天気の変化、とくに悪天候のときは低気圧が影響することが多い、というのは天気予報などで耳にしたことがあると思います。例えば梅雨の時期といった、この気圧が低い状態が長く続くと、私たちの自律神経は副交感神経が優位にはたらきます。したがって体はエネルギーを蓄えるための休息モードに切り替わり、だるさや眠気、疲れを感じたりします。

また、気圧が低下すると、体にかかる圧力が低くなるという物理的な変化も起こります。体にかかる圧力が低下すると、血管が拡張し血圧が下がったり、血管内の水分が外側にもれたりして、体のだるさやむくみなどといった不調も起きやすくなります。

気象病が悪化すると、日常生活にも支障をきたし、うつなどの二次的な病気を発症させる危険性もあります。天気が悪いときに身体に不調を感じる場合は、気象病を疑ってみましょう。早めに休息をとる、身体をリラックスさせる、医師による診断を受けるなどの対処をすることが大切です。

天気が悪いと調子が悪い?気象病のメカニズムと症状とは

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ