「たかが天気痛」と軽視は禁物!うつ病対策も“天気痛ブレス”で!

「たかが天気痛」と軽視は禁物!うつ病対策も“天気痛ブレス”で!

天気痛・気象病

特効薬が見つかっていない天気痛

気圧が急激に低下すると起こりやすい気象病は、頭痛やめまい、吐き気といった苦痛を引き起こします。

また、昔、ケガした部位が痛くなるというのも特徴で、こうした症状を総称して、天気痛と呼びます。

最近、テレビなどで取り上げられることが多くなった病気なので、みなさんもご存知かもしれませんね。

気象病がやっかいなのは、特効薬がまだないということです。

痛みへの対処としては鎮痛剤、めまいには酔い止め薬が有効ですが、これはあくまでも対処療法で、薬を飲む頻度が高くなると、胃腸を中心に副作用が発生します。

そこで注目されているのが、腕に巻くだけで天気痛の症状を緩和してくれる「天気痛ブレス」というアイテム。

手首には「内関」というツボがあって、ブレスレットに付いた突起がしっかり刺激を与え、不快症状の発生を防いでくれるのです。

巻いている状態でもツボは刺激されますが、たまに指で押すと、さらに効果が期待できます。

「たかが天気痛」と軽視は禁物!うつ病対策も“天気痛ブレス”で!

副作用の心配は少ないですし、洋服のデザインをジャマすることもないので、若い人からシニアの人まで、幅広い層に人気を集めているのです。

日本人の3人に1人は、この天気痛に悩んでいると言われています。

気圧の急激な変化は、1年中発生しますし、この安全なブレスレットで健康的な“ツボ押し習慣”を身に着けてくださいね。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

天気痛はうつ病につながりやすい

天気痛の症状で、もう1つ気を付けたいのは、自律神経のバランスが崩れることです。

古傷の傷みは、自律神経の1つである交感神経が、関節などに痛みの信号を発生させると言われています。

自律神経の乱れが多くなると、わたしたちの睡眠にも影響します。

夜になると、交感神経のうごきは鈍くなって、代わりに副交感神経が優位になるのですが、この切り替わりがうまくできなくなると、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりと、さまざまな睡眠障害を引き起こすのです。

睡眠は、脳を休めるための大切な活動です。

しかし、交感神経が優位だと、寝ている間も脳が動いてしまうので、からだのストレスは抜けにくくなり、心のバランスが取れなくなってくるのです。

天気が悪くなると、気分が憂鬱になることが多いですが、落ち込みが継続的に続く人や、気持ちが高ぶった状態が続く人は、カラダからのSOSだと認識しましょう。

早めに心の疲れに気が付けば、治療にも時間がかかりません。

「たかが天気痛」と軽視は禁物!うつ病対策も“天気痛ブレス”で!

逆に、ガマンを続けて仕事や家事を頑張っていると、睡眠障害はさらに深刻化して、心身に表れる不調も増えてきます。

風邪を引いた時は、休養して薬を飲んで治すように、自律神経に異常が発生した時も、できるだけ心身を休める時間と環境を整えてください。

そして、なるべく早く専門医に診てもらって、生活改善のアドバイスや、薬を処方してもらいましょう。

自律神経の調子が戻ると、快眠が得られるだけでなく、天気痛の症状もよくなることが期待できます。

心の病気や睡眠を改善する心療内科や精神科に行くのは、少し敷居が高いと感じるかもしれませんが、重症化してからだと治療に時間がかかりますから、お早めに!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ