天気痛を解消したいサラリーマンが使うべき快適睡眠グッズ2つ

天気痛を解消したいサラリーマンが使うべき快適睡眠グッズ2つ

天気痛・気象病睡眠・不眠対策グッズ

天気痛に効果を発揮するお手軽グッズ

・午前中の会議のプレゼン中に、頭が全然回らない

・午後から営業に出なくてはならないのに、天気が悪くなってきて頭痛がひどい

・明日は朝一番で大事な打ち合だから早く寝たいけど、なかなか寝付けない

これらは働き盛りの男性の多くが抱えている、「サラリーマン病」とも言えるお悩みです。

慢性的な睡眠不足、疲労、ストレスを常に感じていて、心が休む暇がありませんね。

さらに、天気痛の症状が、これに追い打ちをかけます。

天気痛を解消したいサラリーマンが使うべき快眠グッズ2つ

天気痛とは、気圧の低下に伴って発生する「気象病」の症状で、頭痛やめまい、吐き気、イライラ感の増大など、心身にさまざまな不快感を発生させます。

また、持病がある人や古傷がある人は、症状が悪化しやすいという特徴もあります。

気象病の症状が出ると、頭の回転が悪くなりますし、ちょっとしたことでもイライラしやすくなりますから、仕事のパフォーマンスが低下します。

それでも仕事は待ってくれませんから、鎮痛剤やエナジードリンク、カフェイン飲料を飲むなどして、対処している人が多いですね。

そこで頑張っているサラリーマンの方々におススメしたいのが、腕に巻くだけでつらい天気痛の症状が緩和される、「天気痛ブレス」というブレスレットです。

手首には「内関」という、天気痛を緩和するツボがあるのですが、ブレスレットについている突起がココを刺激してくれるのです。

素材はシリコンゴムで、非常に軽いうえに、伸縮性もあります。

ブレスレットはワイシャツの下に巻きますから、見た目のジャマになることもありませんし、仕事しながらスーツの上を押して刺激できます。

薬のように副作用が発生することはないので、みなさんも、ぜひ、試してみてください。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

睡眠リズムを整えるグッズで天気痛対策

もう1つ、忙しいサラリーマンにおススメしたいのが、「たわし枕」です。

人間のからだは、寝る時に深部体温を下げる必要があるのですが、通気性の悪い枕を使っていると、頭の温度と湿度がアップして、眠りにつくのを妨げしまいます。

掛布団や敷布団の湿度には配慮しても、枕の衛生状態は見落としがちですね。

カバーをしてしまうと、中の湿気に気付きにくいですし・・・。」

たわし枕は、その名の通りたわし素材で作られた枕で、丸洗いしても陰干しするだけ水分がしっかり蒸発するので、いつも清潔に使えます。

天気痛を解消したいサラリーマンが使うべき快眠グッズ2つ

さらに注目なのは、寝る時の頭の温度です。

たわし枕を使うと、他の枕に比べて頭部付近が5度ぐらい低くなるので、快眠を得るための理想的な状態になるのです。

布団に入ってからすぐに眠れるようになれば、仕事のストレスを思い出さずに済みますし、睡眠中も脳の疲れがしっかりとれるようになりますから、サラリーマン病の症状も緩和されてゆくでしょう。

また、天気痛は自律神経の狂いも引き起こしますので、睡眠のリズムを整えるということは、気象病の発生を抑えることにもつながるのです。

いろいろな寝具を試してきたけど、なかなか快眠につながらないという方は、このたわし枕を使ってみてください。

睡眠の質が高まることを実感できて、1日の充実度が、かなり変わってきますよ!

ページの先頭へ