天気痛を悪化させる5つの行動!パソコンはやめるべき?

天気痛を悪化させる5つの行動!パソコンはやめるべき?

天気痛・気象病

天気痛を効果的に改善するツボがある!

気圧や温度が急激に低下したり、湿度が変化したりすることで発生する天気痛。

最近は、天気痛を引き起こす「気象病」のメカニズムが解明されてきたので、さまざまな予防方法もインターネットなどを見ればチェックできます。

また、数はまだまだ少ないですが、「天気痛外来」という診療科目もできて、あらゆる角度から症状緩和の治療が受けられる環境が整いつつあります。

しかし、酔い止めの薬や頭痛薬を飲むといった方法は、一時的に効果は発揮するものの、頻繁に飲んでいたら副作用の発生リスクが高まります。

また、イライラや不安感といった心の症状は、薬などでは収まりにくいですよね。

天気痛を悪化させる5つの行動!パソコンはやめるべき?

そこでおすすめしたいのが、内関という天気痛の症状を緩和してくれるツボを、腕に巻くだけで効率的に刺激してくれるブレスレット「天気痛ブレス」です。

ブレスレットの内側に、ツボを刺激する突起があるので、装着するだけでも天気痛の症状緩和に威力を発揮してくれるのです。

また、突起がある部分をこまめに押すクセをつければ、頭痛やめまい、吐き気といったイヤな症状が発生しにくくなります。

天気痛の苦しみが頻繁に発生する方は、このブレスレットを試してみましょう。

薬を飲むより何倍も、からだにやさしいですよ。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

天気痛対策2つ目のポイントは交感神経を鎮めること

天気痛の1つの症状に、交感神経の活性化があります。

これによって、昔負った傷の痛みが再発するのです。

交感神経が活発になった状態で天候が悪化すると、天気痛の症状が深刻になりますので、神経を刺激する活動を控えるということも、有効な対策になるのです。

ポイントを3つ、まとめてみました。

(1)パソコンの使用時間を減らす

仕事でパソコンを使っている人にとっては、なかなか難しいことですが、パソコンを長時間使っていると、どうしても姿勢が悪くなって猫背になってしまいます。

この姿勢は、首の上と後頭部を圧迫してしまい、自律神経に負荷がかかってしまうのです。

パソコンは使用時間を減らすのがベストですが、それを避けられない場合は、姿勢を正しくキープするグッズを使うといいですよ。

椅子の上において座るだけで、正しい姿勢をサポートしてくれるグッズも増えていますから、試してみてください。

(2)コーヒーの量を減らす

コーヒーに含まれるカフェインには、脳のはたらきを活発にするはたらきがあります。

1日3~4杯ぐらい飲んでいる人もいるかと思いますが、朝の天気予報をチェックして、昼ぐらいから天候が悪化すると分かったら、その日は飲む量を少なくしてみましょう。

代わりに、水出し緑茶を飲むことをおススメします。

天気痛を悪化させる5つの行動!パソコンはやめるべき?

こちらは、熱いお茶と違ってカフェインが発生しないので、交感神経を刺激する心配がありません。

(3)冷房が効きすぎた部屋に長くいない

交感神経のはたらきをコントロールする自律神経には、心身をリラックスさせる副交感神経もあります。

冷房が効いている空間に長くいると、2つの神経のバランスが悪くなって、天気痛の症状が悪化しやすくなりますから、注意が必要です。

オフィスなどがこのような状態の場合は、上着を着る、足元を温める、お湯を飲むなどして、体温が低下しないような対策をとりましょう!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ