睡眠を快適にするはずの習慣が逆効果?「たわし枕」や「スージーAS快眠枕」で快眠生活を!

睡眠を快適にするはずの習慣が逆効果?「たわし枕」や「スージーAS快眠枕」で快眠生活を!

睡眠・不眠対策グッズ

温泉気分で熱いお風呂に入ると、脳が興奮状態に!

昔から、寝つきを良くしたり、深い睡眠を得たりするのに効果があるとされてきた習慣は、数多く存在します。

しかし、中にはまったく無意味であるどころか、逆効果になってしまうものが多いのも実状です。

たとえば、

「熱いお風呂にゆっくり入って疲れをとり、体をポカポカにして寝る」

という入浴習慣。

睡眠を快適にするはずの習慣が逆効果?「たわし枕」や「スージーAS快眠枕」で快眠生活を!

確かに、入浴剤などをお湯に混ぜて、温泉気分でお風呂に入るとリラックスできますが、お湯の温度が高すぎると交感神経が活性化して、夕方ぐらいから優位になる副交感神経がはたらかなくなります。

これによって脳が興奮になり、寝つきが悪くなりますし、睡眠も浅くなるため、夜中に何度も目が覚めるということが起きるのです。

不眠に悩む人はとくに、お風呂はぬるめのお湯にすることと、照明は暗くすることが快眠につながる、ということを覚えておいてくださいね。

お風呂場の電気は消して、脱衣所の電気を点けておけば、副交感神経に切り替わりやすくなりますよ!

安心して使える快眠グッズとは?

少しでも寝つきを良くしたい、良質な睡眠で、毎日快適に生活したいと思ったら、生活習慣の改善とともに、睡眠環境の見直しを徹底しましょう。

とくに重要なのは、枕です。

通気性が悪いアイテムだと、湿度がこもって頭部の温度が上昇して、寝つきが悪くなってしまいます。

これを解消してくれるのが、たわし素材を使った「睡眠用たわし」。

普通の枕と比べると、頭部の温度が5度ぐらい低い状態になるので、良質な睡眠を得やすくなります。

また、いびきに悩んでいる方は、気道のふさがりを防いでくれる「スージーAS快眠枕」がおススメ。

頭がどんな姿勢になっても、首のカーブを理想的な形に保ってくれるので、朝までぐっすり眠って、心身をリフレッシュしてくれますよ。

栄養バランスの整った食事と、規則正しい生活習慣の継続。

そして、体の仕組みを考えた寝具を使うことが、快眠生活のへの第一歩です。

AS快眠枕

ページの先頭へ