天気痛対策で薬を飲む前に試したい、“天気痛ブレス”の威力!

天気痛対策で薬を飲む前に試したい、“天気痛ブレス”の威力!

天気痛・気象病

日本人の3人に1人が悩んでいる天気痛

最近、テレビや雑誌で頻繁に「天気痛」という言葉を耳にするようになりました。

「雨が降ったり、急激に気温が下がったりすると古傷が痛む」

こんな症状を訴える人は昔から多いですが、

「気のせい、天候の悪化とは関係ない」

と、軽く済まされてしまったものです。

しかし、気圧の変化は自律神経に悪影響を及ぼすことが医学的に証明されたことで、天気痛は立派な?病気として認識されるようになりました。

上記のような痛み以外にも、頭痛、めまい、吐き気、血圧の上昇など、さまざまな症状を引き起こして、わたしたちに苦痛を与えるのが天気痛です。

天気痛対策で薬を飲む前に試したい、“天気痛ブレス”の威力!

こうした症状を抑えるのに有効なのは、痛みであれば鎮痛剤、めまいでしたら酔い止めの薬が挙げられます。

ただ、天候が悪い日が続くと薬の服用量が増えてしまいますので、副作用の発生が心配になりますね?

薬を飲めば、痛みなどに作用する一方で、必ず、反作用も発生します。

鎮痛剤は、胃腸機能を低下させて痛みもたれを発生させますし、胃潰瘍を引き起こすリスクも高まります。

また、酔い止めの薬は、便秘になったり、目がかすんだりすることがあるので、毎日のように飲むワケにはいきません。

そこでおススメしたいのが、手首にある「内関」というツボを刺激する方法。

乱れた自律神経が整い、痛みなどの不快症状の緩和が期待できます。

薬のような副作用が発生することは、ほとんどありませんし、誰でも手軽にツボ押しができるのがうれしいポイントです。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

腕に巻いておくだけで、自律神経が整う天気痛ブレス

仕事や家事が忙しいと、いつの間にか気圧が低下していて、すでに体調悪化が始まっていた、なんてケースが多いですよね?

そんな方に、ぜひ、試して欲しいのは、腕時計のよう巻くだけで突起がツボを押してくれる便利なブレスレット「天気痛ブレス」。

突起部分を上から押すと、ちょうど内関が刺激されるようになっていて、1時間に数回押すだけという、超カンタンな使い方が評判を呼んでいます。

世の中には、健康グッズなるものが多数、販売されていますが、本当に効果があるのか疑問に感じてしまうものが多いのが実状。

しかし、この天気痛ブレスは、愛知医科大学の佐藤教授が監修して誕生した商品なので、信頼性もバツグンなのです。

素材には軽量で強度が高いシリコンを使っていますから、常に装着していてもジャマになりませんし、衝撃で切れてしまう心配もありません。

このブレスレットを日常的に着けるようにして、天気予報で気圧や気温の変化をチェックしておけば、薬で痛みをごまかす必要もなくなるかもれませんね。

天気予報をチェックできなくても、今はスマートフォンの「天気痛アプリ」で体調管理ができますから、こうしたツールを使う習慣を身に付ければ、天気痛の悩みが小さくなってゆくことでしょう。

天気痛対策で薬を飲む前に試したい、“天気痛ブレス”の威力!

薬を使うのはNG、とは言いませんが、飲み続けると効き目がだんだんと弱くなってくる「耐性」が表れてきますから、天気痛ブレスのように体の外側から刺激を与えるグッズを使って、症状を緩和させることを心がけてくださいね!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ