頭痛薬の常用は危険!“天気痛ブレス”で安全な痛み対策を!

頭痛薬の常用は危険!“天気痛ブレス”で安全な痛み対策を!

天気痛・気象病

天気痛に鎮痛剤を使うときは要注意

国民の3人に1人が苦しんでいる頭痛。

中でも天気痛が原因となっている場合、天候が悪化して気圧が低下すると、自律神経のはたらきが狂って痛みが増幅することもあるので、とてもやっかいです。

頭痛薬の常用は危険!“天気痛ブレス”で安全な痛み対策を!

頭痛の対処法として一番便利なのは、鎮痛剤を飲むことですね。

最近はコンビニエンスストアでも薬を取り扱うようになりましたし、ネットでも購入できるようになったので、以前より飲む機会が増えたという方が多いのではないでしょうか?

でも、薬には作用に対して反作用(副作用)が発生します。

特に、鎮痛剤に関しては、誰もが気軽に飲む存在になっているため、その危険性の認識が希薄になっています。

この機会に、あらためて薬のリスクや注意点をおさらいしておきましょう!

鎮痛剤には痛みのもとである炎症を抑えたり、脳に作用して痛みの感じ方を和らげたりする作用がありますが、この時、胃粘膜を減らすという副作用が起こります。

これによって発生するのが、胃腸障害です。

はじめのうちは軽い胃痛だったのが、薬を飲み続けているうちに潰瘍ができてしまうケースもあります。

さらに、薬を飲む頻度が高くなることで痛みに敏感になり、これまでガマンできていた痛みにも耐えられない状態になるということも考えられます。

薬品メーカーの調査によると、月に10日以上、鎮痛剤を飲んでいる人に、このような傾向があるそうです。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

鎮痛剤の処方は病院で!天気痛の対処は天気痛ブレスで!

副作用と同様に怖いのは、薬の飲み合わせです。

たとえば、血糖値を下げる薬と鎮痛剤を一緒に飲むと、作用が高まって低血糖になる可能性がありますし、抗生物質と混ざるとけいれんを引き起こす成分もあります。

薬のパッケージには、必ず使用上の注意が書かれていますが、成分までチェックしている人は意外と少ないですよね?

それに、ドラッグストアに常駐している薬剤師も、薬を買う時に飲み合わせまでは確認してくれません。

安全に鎮痛剤を利用するには、病院でしっかり頭痛の診察を受け、飲んでいる薬もチェックしてもらうのが一番です!

みなさんもご存知の通り、2016年から「お薬手帳」の携帯が義務化されたことで、薬による副作用発生リスクを抑えられるようになりました。

しかも、病院で処方される薬なら健康保険適用で、コンビニやドラッグストアよりもずっと安い価格で薬が手に入りますから、一石二鳥になります。

こうした鎮痛剤の安全な使い方を知る一方で、薬のような化学物質に頼らず、副作用の心配が少ない方法で対処することも試してみましょう。

手軽な方法として挙げられるのは、“ツボ”です。

頭痛薬の常用は危険!“天気痛ブレス”で安全な痛み対策を!

インターネットで検索したら、頭痛の緩和に効くポイントが分かりやすく解説されていますし、ツボを押してくれる便利な商品もあります。

中でもおススメなのは、心をリラックスさせるツボ“内関”を、腕に巻くだけで刺激してくれる、「天気痛ブレス」というグッズ。

頭痛だけでなく、めまいや吐き気などを引き起こす自律神経の乱れが、正常に戻るようにサポートしてくれます。

長時間装着していても違和感がなく、壊れにくい素材を使っているのも魅力的なポイントです!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ