環境の変化が不眠に!5月病を乗り越えるテクニックとは?

環境の変化が不眠に!5月病を乗り越えるテクニックとは?

おすすめ

5月病の症状は、心の危険サインです

毎年5月になると、あちらこちらから「5月病に悩んでいる」という声が聞こえてきます。

医学的には、5月病という病気はないのですが、この時期に体調を崩して不眠になったり、症状が悪化してうつに進行したりする人が多いのも事実。

若い人だけでなく、誰もが陥りやすい体の不調ですから、その原因と対策をしっかり覚えておきましょう。

環境の変化が不眠に!5月病を乗り越えるテクニックとは?

そもそも、なぜこの季節の体調不良が、5月病などと呼ばれるようになったのでしょうか?

進学や就職、転勤などで生活環境が変わることが多いのは4月です。

最初の1カ月は、新しい環境や人間関係に慣れようとして脳がフル活動しますが、ストレスが
次第に蓄積してゆきます。

個人差はありますが、疲れのピークは5月上旬。ゴールデンウィークで少し休む期間ができると、心身の緊張が解けて、強烈なストレスを感じるようになります。

そして、気分の落ち込みが激しくなり、4月のように行動ができなくなるのです。この状態は、医学的に「抑うつ状態」と判断されます。

それでも、休み明けから再び頑張ることで、自然に環境に慣れて抑うつ状態から脱却する人もいるのですが、睡眠障害が継続して本格的な不眠を訴える人も少なくありません。

5月病になりやすい人の特徴は、下記の通りです。

・転勤や進学などで、生活環境が一変した

・上司や部下の異動があり、新しい人間関係を築く必要性がある

・年初から忙しい時期が続き、生活のリズムが崩れていた

・労働時間が長くなる日が、数カ月続いている

こうして見てみると、4月に起こる環境の変化だけでなく、それまでのストレスの蓄積が5月に症状となって表れることが分かりますね。

スリミングピロー

規則正しい生活が、何よりの特効薬

5月病にならないためには、頑張りすぎない、ひとりで仕事や家事を抱え込みすぎないといったことが重要ですが、なかなか実行できないものです。

そこで、手軽にできる5月病予防策を、2つほどお伝えしましょう。

1.夕方前に軽い運動をする

体を動かすと交感神経が活発にはたらき、前向きな気分になれます。また、適度な運動は夜の睡眠にも好影響を与えますから、こまめにストレッチをしたり、散歩をしたりする習慣を身に付けましょう。

とくにおススメなのは、朝のウォーキングです。

環境の変化が不眠に!5月病を乗り越えるテクニックとは?

日光を浴びることで、体内時計がリセットされますし、食欲もわいてきますので、1日のエネルギーをしっかり補給できるようになります。

同じところばかりではなく、いつもとは違うコースを歩くようにすると新鮮味が増して、継続性が出てきますよ。

2.「大丈夫」と声に出して、言い聞かせる

「気休めにしかならないのでは?」

と思う方もいるかもしれませんが、何回も声に出して大丈夫と言い続けると、脳が幸福感に包まれて、気が付いたら前向きに考えるようになれるのです。

これは、「ハード・トゥ・ゲット・テクニック」というもので、脳科学的にも効果があると証明されている行動なのです。

逆に、「自分はダメだ」と思い続けていると脳が委縮して行動力が低下するので、失敗が多くなります。

「わたしは運がいい」

「なんとかなるさ」

「自分は一生懸命頑張っている」

さっそく今、口に出してみましょう!

これは、5月病対策としてだけでなく、日常的に使えるテクニックですよ。

スリミングピロー

ページの先頭へ