酒好きの方に朗報!身近にある不眠症の対策効果が期待できるドリンク!

酒好きの方に朗報!身近にある不眠症の対策効果が期待できるドリンク!

安眠・快眠方法

寝る前のお酒は不眠の原因に

長年、寝る前にお酒を飲むと寝つきがよくなると言われてきましたが、これはまったくのウソ。

アルコールが体内に入ると交感神経がはたらいて、心身を緊張状態に導くので、布団に入っても目がさえてしまったり、いつもより早い時間に目が覚めたりといった睡眠障害が発生します。

それに、アルコールには利尿効果がありますから、夜中にトイレに行きたくなって起きてしまうことも多くなります。

夕食の時に適量のお酒を飲んでリラックスするのは、寝る前に副交感神経が優位になることにつながるので、むしろおススメしたい習慣です。でも、一度活性化した交感神経は、2時間ぐらい同じ状態が続きますから、飲むのは布団に入る3時間ぐらい前までと決めておくことが大切です。

また、飲み物によっては、快眠効果が期待できるものもあるので、ここでしっかり知識を身に付けておきましょう。

その飲み物とは、ビールです。ビールの原料である麦芽には、快眠物質である「GABA」が大量に含まれているのです。

酒好きの方に朗報!身近にある不眠症の対策効果が期待できるドリンク!

GABAとは、人間の体で生成されるアミノ酸で、ストレスを緩和してくれる神経伝達物質です。

この物質には、交感神経を鎮めて副交感神経のはたらきを促し、熟睡に誘う効果があります。しかし、最近はストレスフルな人が増えていて、体内のGABAの量が不足しがちです。

そこで、食べ物や飲み物から摂取することが有効になるのですが、ビールだったら楽しく飲めてストレス発散になりますから、一石二鳥なのです。

「寝る3時間前には、飲酒をやめる」

というルールを守っていれば、心地よい眠りにつけると思いますよ。

Sleepion

ノンアルコールビールにも快眠効果あり!

お酒が飲めない人におススメなのは、ノンアルコールビールです。

こちらにもGABAがしっかり含まれていますし、ホップに含まれるリラックス作用が快眠にもつながります。

ビールと違ってアルコールが含まれていませんから、トイレが近くなるというデメリットもありませんね。

スペインの医療機関で行われた実験では、夕食前にノンアルコールビールを1缶(2週間)飲み続けた人は、睡眠の質が高くなり、不安を感じる度合いも低下したことが証明されました。

酒好きの方に朗報!身近にある不眠症の対策効果が期待できるドリンク!

科学的根拠もあるので、安心ですね。

女性にとってうれしいのは、GABAにはインシュリンのはたらきを活発にする効果もあるので、脂肪燃焼が促進してダイエットにつながることです。

スーパーやコンビニに行くと、さまざまなノンアルコールビールが販売されていますが、商品選びのポイントは、

「麦芽とホップが入っていること」

です。

ホップが入っていないノンアルコールビールもあるので、必ずチェックしてくださいね。

また、GABAには、肝臓の機能を高める効果がありますから、酒好きの方の休肝日用ドリンクとしても最適です!

ただし、アルコールが入っていないからといって毎日飲むと、うま味成分のアミノ酸が食欲中枢を刺激してしまいますから、夜中に空腹で目が覚めてしまうことも考えらえます。

ビールもノンアルコールビールも、飲む時間と頻度を守って楽しみましょう!

Sleepion

ページの先頭へ