睡眠の豆知識

頭皮のターンオーバーを整えるコツ!たわし枕と3つのポイント!

頭皮のターンオーバーを整えるコツ!たわし枕と3つのポイント!

睡眠の豆知識

頭皮細胞は28日周期で生まれ変わる

人間の皮膚は、常に新しい細胞が作られていて、古い細胞と入れ替わっています。

これが、美容に敏感な女性なら誰もが知っている「ターンオーバー」です。

肌の一番外側にあるのは「角質層」という厚い皮膚層で、皮脂と水分がバランスよく存在することで、外部からのダメージから頭を守っています。

顏の皮脂も同じですが、“汚れ“というイメージが強い脂には、ちゃんとした役割があるんです。

しかし、間違った頭皮ケアや生活習慣の乱れや、寝具の衛生状態などによって、頭皮の環境は悪化して、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

頭皮が異常にベタつく、臭いが強烈になる、フケが大量に出るといった症状は、その最たるもので、ターンオーバーの周期が乱れることで発生しやすくなります。

ターンオーバーは、年齢によって異なりますが、だいたい28日前後の周期になっていて、サイクルが早まると未熟な細胞が角質層に押し出されますし、逆に、それが遅くなると古い細胞がいつまでも角質層にとどまったままになります。

顏と違って頭皮は髪の毛が覆っているので、鏡で確認しにくいのがネックですが、これからご説明するポイントをチェックして、頭皮の健康状態をキープするようにしてくださいね。

ポイント1:洗浄力の強いシャンプーを使っている

毎日使うシャンプーには、汚れだけでなく皮脂も落とす成分が含まれています。

しかし先ほどもご説明したように、皮脂には体をガードするという重要な機能があるので、これを落としすぎると乾燥肌を招いてフケを発生させてしまうことも。

また、皮膚には常在菌という健康を保つための善玉菌も存在していますが、洗浄成分によって洗い流されてしまい、雑菌が繁殖して臭いが発生してしまうのです。

シャンプーを流した後に髪がきしんだ状態になる方は、ノンシリコンシャンプーなどを利用するとともに、頭皮専用の保湿剤などを使ってケアするようにしましょう。

体の血行不良は抜け毛も招く?

ポイント2:血行が悪化している

健やかな皮膚や髪が育つために必要なのは、血液が運ぶ栄養素と水分です。

しかし、体全体の血行が悪くなっていると、心臓から離れた位置にある頭部にまで十分な栄養が届かず、ターンオーバーで新しい細胞が作られなくなります。

その結果、頭皮の健康状態が悪くなって、皮膚炎が発生したり、抜け毛が進行したりといったトラブルが発生します。

ポイント3:枕が頭皮に負担をかけている

頭や首に合わない高さの枕を使っていると、コリが発生して頭皮の血のめぐりが悪くなってしまいます。

単に寝心地がいいという満足感だけでなく、枕によってかかる頭部への圧力が分散される商品を選ぶことが、頭皮のターンオーバーを守る重要なポイントになります。

理想的なのは、たわしメーカーと、「ヘッドスパ店」が共同開発した「たわし枕」です。

たわしが持つ特有の”点“が頭や首を支え、血行不良の発生を防いでくれます。

フワフワの枕とは感触が異なりますが、慣れてくると寝つきが驚くほどよくなると大評判。

快眠によって新陳代謝も活発になりますから、美しい頭皮と髪をつくりだす最適な環境が得られますよ!

ページの先頭へ