金縛りに悩む人は必見!快適な睡眠が不眠に変わるメカニズムとは?

金縛りに悩む人は必見!快適な睡眠が不眠に変わるメカニズムとは?

睡眠の豆知識

金縛りは心霊現象ではありません

ホラー映画などを見ていると、登場人物が金縛りにあって、その後に霊が出てくるといったシーンがありますよね?

言うまでもないことですが、例の存在は科学的に証明されていません。でも、金縛りは睡眠障害の一種なので、実は霊の存在より怖いかも??

金縛りにあったことがある人は、その時のことを思い出してみて下さい。

体が動かないのに意識がある状態になるのは、眠った直後でしたよね?

睡眠というのは常に同じ状態ではなく、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返しているのです。

・レム睡眠・・・筋肉は緩んだ状態ですが、脳は活動しています。眠りは浅くなっています

・ノンレム睡眠・・・脳の活動が停止していて、深い眠りについています

普通は、眠りについたらノンレム睡眠の状態になり、その後、レム睡眠に移るのですが、金縛りにあう時というのは、先にレム睡眠に入ってしまうのです。

このタイミングで夢を見ると、体の身動きがとれないのに意識があるという状態になり、「霊現象」と勘違いしてしまうというワケなんですね。

「自分が金縛りにあった時は、そばに人が立っていた」

という方もいるかもしれませんが、それは霊ではなく、怖い体験をしていることから脳が勝手に作り出す「幻覚」です。

金縛りに悩む人は必見!快眠が不眠に変わるメカニズムとは?

オトナ抱き枕

深刻な睡眠障害につながる可能性が!

「霊とは関係ないと分かって、ほっとした」

そんな声が聞こえてきそうですが、安心するのは早いです。

この金縛り現象は、「睡眠麻痺」という障害の1つで、体内のリズムが崩れているため、深刻な不眠症につながる可能性があります。

睡眠麻痺が起こるのは、ストレスがたまっているとか、寝る時間が不規則になっている時が多いようです。

このままだと自律神経の乱れがさらに進み、睡眠時に体の疲れが取れにくくなるばかりか、体内のリラックス物質の分泌が減ってしまうので、うつ病などの精神疾患を発症するリスクが高まってゆきます。

まずは、自分のストレス状態をチェックして、趣味に没頭するとか、気の合う友人と会話する時間を長くするなどして、緊張状態から解放されることを心がけてください。

また、仕事などで夜型の生活をしなくてはならない人も、朝になったらしっかり朝日を浴びて、体内時計をリセットしましょう。

睡眠不足は、短時間(15~20分程度)の昼寝をすることで、ある程度解消できますよ。

金縛りにあわないための眠り方

生活習慣を改善しても、やっぱり金縛りにあう・・・。

そんな時は、寝る時の向きに注意してみて下さい。

医療機関の調査結果で、睡眠麻痺の状態に陥る人の約80%は、仰向けで寝ているということが分かっています。また、椅子に座った状態で寝ると、ほとんどの人がこのような状態に陥らないそうです。

ですから、夜、寝る時の姿勢は横向きで、昼寝をする時は椅子に座って、という習慣に替えてみましょう。

金縛りに悩む人は必見!快眠が不眠に変わるメカニズムとは?

また、寝る前に脳が興奮状態にならないように、パソコンやスマートフォンを使うことを控えるということも大切です。これらの電子機器は光の刺激か快眠を妨げ、金縛りを誘います。

部屋の照明も工夫して、寝る3時間ぐらい前には暗くすることを心がけて下さいね。

オトナ抱き枕

ページの先頭へ